心の構造

幸せホルモンの出し方は、純粋な思いだけで行動する

投稿日:

幸せホルモンの出し方が気になる方は、いるでしょうか。

幸せホルモンが出ると幸せになることが出来るので、幸せホルモンを出したいと思うでしょう。

では、どのようにしたら幸せホルモンが出るのでしょうか。

幸せホルモンの出し方は、出そうと思うから出すのではなくて、結果として幸せホルモンが出ると考えた方が良いと思います。

そして、結果として幸せホルモンが出るのは、純粋な思いだけで行動したときに幸せホルモンが出ると考えることが出来ます。

今回は、幸せホルモンの出し方は、純粋な思いだけで行動する話をします。

幸せホルモンの出し方は、純粋な思いだけで行動する

幸せホルモンの出し方は、純粋な思いだけで行動することにあると思います。

なぜなら、純粋な思いだけで行動することが、人が幸せに生きることが出来る唯一の方法だからです。

純粋な思いだけで行動しない反対の行動とは直感ではなくて、願望や夢の結果を色々と分析し比較検討して行動をすることです。

例えば、会社に就職するときに自分のやりたい仕事を純粋に考えて仕事を選ぶのではなくて、会社の将来性や世間の評判や株価や給料など色々な条件を比較検討して、会社を選ぶような行動です。

結婚相手を選ぶことでも、頭の思考で色々な条件を考えて相手を選ぶことも、自分の純粋な思いではないですね。

頭で思考したり分析をすることは、心の作用でもあるのですが、心の作用で行動をするときには、幸せホルモンが出ないと思います。

なぜなら、心の作用で行動することは、本当の自分の想いの行動ではなくて、偽りの自分の想いの行動だと言えるからです。

ですので、幸せホルモンの出し方としては、心の作用を通らない直感で行動したときに、幸せホルモンが出ると感じます。

幸せホルモンの出し方を検討

幸せホルモンの出し方として、純粋な思いで行動することを伝えました。

現代はストレス社会と言われていますが、子供も大人も純粋な思いで行動している方は少ないと感じます。

自分の夢や願望を色々と頭で分析して決めている方が殆どではないでしょうか。

例えば、有名大学や大企業に入ったり公務員になって安定した生活をしたいと思うことです。

結婚相手でも、相手の職種や年収など相手自身の事以外の条件を検討して結婚相手を選んでいる方が多いと思います。

このような選択をしている人生で、幸せホルモンが出るはずがありません。

つまり、偽りの自分の行動で幸せホルモンが出るとは考えることが出来ません。

幸せホルモンというのは、もっとも人にとって幸福を与えるものです。

そして、頭の思考で分析をしないで純粋な思いで行動することこそが、本来の自分発の行動なので幸せホルモンが出るのは当然のことではないでしょうか。

純粋な思いで行動したら、幸せホルモンが出る

本来の自分初の純粋な思いで行動したら、幸せホルモンが出ることを伝えました。

そして、逆に頭の思考で色々と結果を分析して行動することは偽りの自分の行動なので、幸せホルモンが出ないことも伝えました。

純粋な思いで行動することだけが、人が幸せに生きていることが出来る唯一な方法です。

このことは、私の人生経験からの知識ではなく、古代インド哲学ヴェーダの知識は伝えています。

昔の私は、将来のことや自分の出来ることなど、色々なことを分析して最善だと考えて自分の行動をしていました。

でも、実はこのように行動することは偽りの自分の行動で、本来の自分発の純粋な思いではありません。

ですので、良い結果が出なくて幸せホルモンが出ないことも当然のことです。

でも、自分発の純粋な思いで行動するのであれば、その純粋な思いは必ず叶うと古代インド哲学ヴェーダの知識は伝えています。

幸せホルモンの出し方は、純粋な思いだけで行動すれば良いのですが、あなたが純粋な思いだけで行動することを決めたときに、あなたの本来の意識が目覚めると思いますよ。

以上、幸せホルモンの出し方は、純粋な思いだけで行動する話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-心の構造
-

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.