幸せホルモンが出る食べ物とは?

幸せホルモンが出る食べ物が気になる方は、いるでしょうか。

心が幸せを感じると幸せホルモンが出ると話題になっていますが、食べ物によっても幸せホルモンが出やすいものがあると言えます。

私はアーユルヴェーダの考えに従った食生活をしていますが、食べ物というのは、幸せホルモンに多大な影響を与えると感じます。

では、どのような食べ物だと幸せホルモンが出るのでしょうか?

今回は、幸せホルモンが出る食べ物とは?の話をします。

幸せホルモンが出る食べ物とは?

幸せホルモンが出る食べ物については、食材の鮮度の影響や体質によって食べない方が良い食べ物など色々な条件があります。

でも、幸せホルモンだけを考えるなら、料理を作る方の気持ちの影響で、幸せホルモンが出る出ないが大きく変わると思います。

そういう意味では、お母さんが作る家庭料理が幸せホルモンが出る食べ物だと言うことが出来ます。

なぜなら、母親の子供を思う気持ちというのは、他とは比べることが出来ない気持ちだからです。

母親の子供への思いが詰まった食べ物を子供が食べたときには、幸せホルモンを感じることは当然のことだと思いませんか?

幸せホルモンが出る食べ物を検討

母親の作る料理が幸せホルモンが出る一番の食べ物と思いますが、外食でも幸せホルモンが出る食べ物というのもあります。

それは、料理人の気持ちが、幸せホルモンが出るか出ないか大きく影響していると感じます。

料理人が幸せな気分で料理を作れば、その気持が食べ物に反映して幸せホルモンが出る食べ物になります。

逆に料理人が単に職業としてルーチンワークとして料理をしているのであれば、幸せホルモンが出る食べ物とはなりません。

料理人が厳しい顔をしながら料理を作るよりも、笑顔で楽しそうに料理を作っている方が、幸せホルモンが出る食べ物になることは、多くの方が創造できると思います。

つまり、幸せホルモンというのは、食べ物を提供してくれる人の気持が大きく影響していると言えます。

幸せホルモンが出る食べ物は、人の気持が移る

幸せホルモンが出る食べ物というのは、食べ物を提供した方の幸せホルモンが食べ物に転写していると思います。

つまり、人の心にある幸せホルモンという物質が、食べ物を通して移るのではないでしょうか。

幸せホルモンが出る食べ物というと、農薬を使っていないオーガニックな新鮮な食べ物を思い浮かべる方が多いです。

でも、農薬を使っていないオーガニックな新鮮な食べ物というのは、そのような食べ物を作っている生産者の方の心が、幸せホルモンで満ち溢れているので、食べ物にも幸せホルモンが移っていると考えることが出来ます。

逆に農薬を使っている食べ物というのは、食べ物を生産している方の気持ちが、幸せではない気持ちで食べ物を生産しているので、そのような食べ物は、幸せホルモンがないと考えられます。

古代インド哲学ヴェーダの知識では、ある優秀な僧侶が盗みをすることがあり原因を調べてみると、毎日食べ物を作る料理人が元泥棒だったという話があります。

つまり、食べ物を作る生産者や料理をする料理人の心というのは、我々の心に大きな影響を与えることになります。

食べ物で幸せホルモンを得ることを考えると、どのような気持ちの人が料理しているか不明な外食を食べるよりも、家庭料理の方が安心ですし、無農薬でオーガニックな食べ物を作り生産者の方が分かる食べ物を食べた方が安心で、幸せホルモンが出る食べ物だと言えます。

幸せホルモンが出る食べ物というのは、食べ物を提供する方の気持ちが大きく影響しますし、食べ物というのは毎日のことなので、多少のことでも1年や10年単位で考えると大きな影響が出ることは、当然のことですね。

以上、幸せホルモンが出る食べ物とは?の話でした。