就職活動

転職時期を占いで判断しないで、純粋な思いを優先

投稿日:

転職時期を占いで判断しようとしている方は、いるでしょうか。

転職をすることへの不安な気持ちで、転職時期を占いで判断したくなる気持ちは、当然のことだと思います。

なぜなら、私自身も転職時期を占いで判断したことがあります。

でも、転職時期を占いで判断するよりも、自分自身の直感を信じて純粋な思いを優先した方が、人生という長い時間で見た場合には、良い方向になっていると感じます。

今回は、転職時期を占いで判断しないで、純粋な思いを優先の話をします。

転職時期を占いで判断しないで、純粋な思いを優先

転職をしたい方にとって、未来への不安な気持ちと期待する気持ちが入り混じり、悩むことが多いと思います。

そして、不安な気持ちを解消するために、転職時期を占いで判断してみようと思う方も多いです。

私も転職回数が多いですが、転職時期を占いで判断したことがあります。

また、私自身もインド占星術ジョーティシュを学び、クライアントの転職時期を占うこともしていました。

実のところを言うと、占いで転職時期を明確に判断することが出来る場合もありますが、転職時期が明確になっていない場合もあります。

インド占星術ジョーティシュというのは、未来予測が出来るものですが、決まっているものと決まっていないものがあります。

つまり、占いで転職時期が明確になっていない場合は、自分自身の自由な選択が出来ることになります。

自由な選択が出来るのであれば、自分自身の純粋な思いを優先して転職することを判断することが良いと思います。

転職時期の占いを検討

転職時期を占いで判断することよりも、最終的には自分の純粋な思いを優先した方が良いと思います。

なぜなら、インド占星術ジョーティシュの占いで言うと、占いで見ているものは過去のチャート図を見て未来を判断しているからです。

つまり、インド占星術ジョーティシュというのは、輪廻転生をベースにした考えになっていますが、人は過去に繰り返したことを未来でも繰り返すという考えがあります。

でも、現実には未来というのは色々な要因で変化します。

そして、自分自身の純粋な思いがあれば、輪廻転生という今までの繰り返しの人生を変えることも可能だと言えます。

占いよりも強い純粋な思いとは?

純粋な思いというのは、心の作用ではありませんし、頭で考えて出てくるものではありません。

自分でもなぜかわからない、自分自身の直感というものから自然と溢れて出てくる思いです。

つまり、自分自身の直感というものは、とても尊いもので大切なものです。

占いというのは、自分自身の直感を分析することになるのですが、自分自身の純粋な思いの直感を分析することは良いことではありません。

古代インド哲学ヴェーダの知識では、人が本当に幸福な人生を過ごす方法として、「結果を気にしないで、そして判断もしないで、常に純粋な思いだけで行動する」という知識があります。

転職時期を占いで判断する方は、将来の結果を気にして占いを利用します。

でも、将来の結果が自分の思う通りになってもならなくても、とにかく純粋な思いだけで行動することが大切だとヴェーダの知識では伝えています。

もし、将来の結果が自分の思う通りにならなかった場合でも、そのときに再度自分の純粋な思いで行動することで、人は常に本来の自分自身の純粋な思いだけで生きることが出来る人生になります。

これから転職を考えている方で転職時期を占いで判断しようとしている方は、自分自身の純粋な思いを優先する勇気を持つことで、本来の自分の意思が発動して、人生が幸せな方向に向かうと思います。

以上、転職時期を占いで判断しないで、純粋な思いを優先の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-就職活動
-, ,

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.