ストレス原因の病気にならない一番の方法とは?

ストレス原因の病気にならない方法が気になる方は、いるでしょうか。

現代人の多くの方が大なり小なりのストレスがあると思います。

逆にストレスがない人を探す方が難しいのではないでしょうか。

病気になる原因としてストレスが大きく関係していると言われていますが、ストレス原因の病気にならないようにしたいものですよね。

でも、ストレス原因の病気にならない方法はあるのでしょうか。

今回は、ストレス原因の病気にならない一番の方法とは?の話をします。

ストレス原因の病気にならない一番の方法とは?

ストレス原因の病気にならない方法として一番の方法は、瞑想だと思います。

なぜなら、瞑想ではストレスを感じる心を浄化することが可能だからです。

ストレスというのは、心が感じるものですが、同じ出来事があってもストレスに感じる人もいれば、ストレスに感じない人もいます。

つまり、人それぞれの心の状態によって、ストレス度合いが変わります。

ストレス原因というのは、心にあると言えるのですが、心が病気を作り出しているとも言えます。

瞑想というのは、最終的には心を自由に操ることを目的にしている行為ですが、心を自由に扱うことができれば、病気にならないことは当然のことだと思います。

ストレス原因の病気にならない方法を検討

ストレス原因の病気にならない方法として、瞑想をお伝えしました。

瞑想というと宗教的なイメージが強いのですが、最近ではマインドフルネスというもので宗教的なイメージが薄くなり、以前より多くの方が実践していると感じます。

日本は高齢化社会と言われて医療費も年々増えていますが、多くの方が瞑想をすることによって、ストレス原因の病気が減ることはもちろんのこと、他の色々な病気も社会問題も減ると考えられます。

多くの方が、心の作り出すものによって喜んだり苦しんだり悩んだりしています。

仏教を作ったお釈迦様は、世の中の四苦八苦という苦しみから逃れたりために修行をして悟りを得ることが出来たようですが、それは心の作り出す仕組みを完璧に理解して克服したことだと思います。

もし、あなたも自分自身の心を自由自在に扱うことが出来るのであれば、ストレス原因も病気になることもなくなり、この世界をもっと楽しむことが出来ると思いませんか?

そして、自分自身の心を自由に扱うことが出来るようになるためには、瞑想というものは必須の行為だと伝えられています。

ストレス原因の病気を検討

そもそも、病気とは何でしょうか?

古代インド哲学ヴェーダの知識では、心というのは私達が感じている全ての世界を創造して作り出していると伝えています。

つまり、私たちの身体も心が作り出していますし、地球などの環境も心が作り出しています。

ですので、病気というのも心が作り出していることになります。

人は、ストレスがあると自分を見失って間違った行為ばかりしてしまうものです。

ストレスがある心だと病気を作ってしまうことも当然のことだと考えることが出来ます。

瞑想をするとストレス原因を解消できる?

私は長年瞑想をしていますが、ストレスを感じない心と身体になっていると感じています。

従来はストレが多くて、毎晩ビールを飲んで寝ていましたが、今ではお酒を飲むこともありません。

そして、そもそもストレスを感じることも減りました。

私の場合、ストレス原因になるのは、お金のことだったり将来への不安が多かったです。

瞑想をすることで、お金持ちになったり未来のことが分かるようになることはまだないのですが、それでもお金や将来への不安がなくなっています。

ストレス原因の病気にならない一番の方法は、瞑想だと思いますね。

以上、ストレス原因の病気にならない一番の方法とは?の話でした。