ストレスが多くて仕事を辞めたいと思っている方は、いるでしょうか。

私も仕事のストレスが多くて転職を何回も繰り返して来ました。

でも今思えば、仕事のストレスが多いときには、すぐに仕事を辞めるよりも、瞑想を試してみることがオススメです。

なぜなら、瞑想をすることでストレスが解消されて、仕事を辞めることが不要になる可能性が高いからです。

今回は、ストレスが多くて仕事を辞めたいときには、ただ瞑想する話をします。

ストレスが多くて仕事を辞めたいときには、ただ瞑想する

ストレスがあり仕事を辞めたいと思う気持ちは、わかります。

なぜなら、私もストレスを理由に仕事を辞めて転職を繰り返したからです。

当時の私は、キャリアアップや自分探しの旅と思っていましたが、今思えば単にストレスから逃れたいために仕事を辞めていました。

でも、ストレスというのは、身体と心が疲れた状態なのでストレスを感じる状態になっています。

つまり、仕事が原因でストレスがあるのではなくて、単に心と身体が疲労しているのでストレスがあると知ることが大切なポイントです。

ですので、ストレスがあるからと仕事を辞めて転職しても、新しい仕事でもストレスを感じる可能性が高いのです。

ストレスを感じたときには、仕事を辞めるのではなくて、心と身体に休息を与えることが必要です。

そして、心と身体に最大の休息をもたらすのが、瞑想なのです。

仕事のストレスが多くて辞めたいときを検討

仕事のストレスが多いときには、冷静な判断が出来なくなります。

ストレスから逃れたいために安易に仕事を辞めたら大変なことになる可能性が高いです。

私もストレスから逃れたいために仕事を辞めて転職を繰り返しましたが、10年の歳月を無駄にしたと感じています。

もし当時の私にアドバイスするなら、ストレスがあるのは仕事の問題ではなくて、単に心と身体が疲れている状態なので、休息を取るために瞑想をしたら良いと伝えます。

ストレスから逃れたいために安易に仕事を辞めないようにアドバイスするでしょう。

もちろん、瞑想をして十分な休息を取れて冷静な判断が出来る状態になっても仕事を辞めたいと思うなら、仕事を辞めた方が良いと思います。

それは、ストレスが原因で仕事を辞めるのではなくて、よりよくなるための前向きな仕事の辞める形です。

瞑想をしたら、最大の休息が出来る!

仕事のストレスがあるときには、休息を取るために瞑想をオススメしています。

瞑想と言うと以前では宗教的なイメージが強かったですが、最近ではマインドフルネスと言われるものがあり、宗教的なイメージが薄くなって取り組みやすいものになっています。

瞑想を実施すれば、ストレスが解消できて、仕事を辞めなくても済む方が増えると思います。

なぜなら瞑想というのは、人の心と身体に最大限の休息を与えるものだからです。

ストレスがある方を車に例えるなら、ガソリンがギリギリの状態でドライブしているイメージです。

逆に瞑想をしている方は、ガソリンが満タンの状態でドライブしているイメージです。

ガソリンがギリギリの状態だと、ちょとしたことが不安になったりイライラしますが、ガソリンが満タン状態なら、ちょとした渋滞でも道を間違えてもイライラしないものです。

つまり、心と身体に十分な休息を与える状態だと、仕事で何かあっても気にしない心と身体になることが可能なのです。

もっと簡単に言うなら、ストレスを感じるときには、単に心と身体が疲れた状態なので、瞑想をして休息を取れば良いと考えることが、最も良い方法と言えますよ。

以上、ストレスが多くて仕事を辞めたいときには、ただ瞑想する話でした。