生きていくのが辛くて苦しい人へ

生きていたくないとき、瞑想をするのが一番

投稿日:

生きていたくないときは、瞑想をすることが一番良い方法です。

生きていたくないときには、人からの励ましの言葉も逆に辛くなる方が多いです。

また、問題を解決しないといけないとも思ってしまいがちです。

でも実は、生きていたくないときには、瞑想をすることが一番です。

瞑想をすることで、生きていたくないという気持ちは自然に解消していきます。

今回は、生きていたくないとき、瞑想をするのが一番の話をします。

生きていたくないとき、瞑想をするのが一番

生きていたくないときは、瞑想をすることがオススメです。

瞑想をすると、心と身体に深い休息を与えることが出来ます。

瞑想というのは、最も深い休息を与えることが出来る方法です。

心と身体に十分な休息を与えて疲労がなくストレスがないときには、人はそれだけで幸福を感じるように出来ています。

ストレスが多い人では、何かがないと幸福を感じることが出来ないものです。

ですので、現代人の多くの人々は、幸福を求めて色々な行動をしています。

でも、それでは幸福を感じるために常に行動して努力をする必要があります。

人の本当の幸福というのは、心と身体にストレスがなければ自然と幸福を感じます。

そして、心と身体にストレスがない状態にするには、ただ単に瞑想をすれば良いだけです。

瞑想を長年継続していれば、生きていたくないという気持ちになることはありえませんよ。

生きていたくないときを検討

生きていたくないときは、単に心と身体が疲れていると認識した方が良いですよ。

決して、自分を攻めることをしないことがポイントです。

また、問題を解決しようと努力することや、問題から逃げることも辞めた方が良いです。

とにかく、生きていたくないとマイナスな思考を考えてしまうのであれば、心と身体を休めることをするだけです。

瞑想をしたことがない方は、夜10時までに寝ることをオススメします。

そして、休日には瞑想教室に訪れて瞑想方法を習うことが良いです。

瞑想教室で瞑想方法を習ったりしていれば、生きていたくないという気持ちも自然と消えていきます。

今まで瞑想をしたことがある方は、生きていたくないとマイナスなことを考えてしまうときには、すぐに瞑想をするようにしましょう。

20分でも瞑想をするだけで、生きていたくない気持ちは自然と消えていくことに気づくことが出来ると思いますよ。

生きていたくない気持ちは、心の反応で不確かなもの

人は心と身体が疲れていると、生きていたくないとかマイナスなことを考えてしまう傾向があります。

生きていたくないという自分を疑うことは、アーユルヴェーダではヴァータの乱れと言われていますが、十分な睡眠を取ったり瞑想をすれば、ヴァータの乱れは改善して、心と身体が本来の状態に戻ります。

人の心というのは、とても精妙なもので常に変化します。

そして、生きていたくないという気持ちは、単に心の反応で絶対的な確かなものではありません。

つまり、生きていたくないという不確かな心の反応に一喜一憂することは、意味がないことだと言えます。

人生を楽しむためには、心の反応に一喜一憂しないで生きることが大切なポイントです。

そして、心と身体に十分な休息を与えて瞑想をすることに努力することが、仕事の成功や夢を掴むために努力をすることよりも大切なことです。

仕事の成功や夢を掴むために努力をしてはいけません。

仕事の成功や夢というのは、気づいたときに自然と叶っているようにするのが一番の方法です。

継続して瞑想をしていれば、自然と仕事の成功や夢をを掴むことも出来るようになります。

そして、瞑想をしていれば、生きていたくないという気持ちになるはずがないものです。

以上、生きていたくないとき、瞑想をするのが一番の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-生きていくのが辛くて苦しい人へ
-

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.