生きていくのが辛くて苦しい人へ

生きていたくない50代でも、頑張るしかない

投稿日:

行きていたくないと考えている50代の方は、多いかもしれないですね。

私の父が、うつ病になったのも50代だったと思います。

うつ病の方には、頑張ってという言葉はNGと言われています。

それでも、うつ病になる前の生きていたくない50代の方には頑張るしかないと伝えたいと思います。

今回は、生きていたくない50代でも、頑張るしかない話をします。

生きていたくない50代でも、頑張るしかないイメージ画像

生きていたくない50代でも、頑張るしかない

50代というのは、格差が広がっている年代とも言えます。

勝ち組になっている50代の方であれば、それなりに自信も名誉もあって生きていたくないという気持ちとは、無関係だと思います。

でも逆に、いわゆる負け組と呼ばれる50代になっていれば、会社での未来もなくて生きていたくないと考えることは当然かもしれません。

会社によっては、自分より年下の上司に気を使って仕事をする人も多いですね。

私は以前の職場で50代の方が再雇用で働いている姿を多く見てきましたが、年下の人に指示されながら仕事をすることは、辛いと感じることも納得できます。

出世競争のラインから外れた50代の方の辛い気持ちは理解できます。

ただし、それでも男というのは、生きていたくないと思うことよりも、とにかく頑張るしかないのです。

生きていたくない50代を検討

生きていたくない50代の方というのは、周りに相談できる人がいない場合が多いと感じます。

会社では同僚というのも少なくて、気軽に会社の悩みを相談できる人がいない場合が多い年代です。

そして、家族にも仕事のことや自分の悩みを気軽に話をできない場合が殆どですね。

50代の方であれば、スナックでストレス解消をする方もいますが、スナック通いをするにもお金が続かない感じます。

生きていたくない50代の方は、今までの人生で頑張ってきたと思います。

頑張ってきたからこそ、今ここに生きているとも言えます。

男というのは、定年退職で会社を退職しても死ぬまで頑張り続けることが必要です。

死ぬまで頑張り続けるのか?と悲しくなる方もいるかもしれませんが、逆に男というのは頑張り続けるものだと知れば、吹っ切れて頑張り続けることが出来るようになるものです。

50代で生きていたくないなら、何をする?

生きていたくないとならないように趣味を持とうと思っても、50代になってから自分の趣味が見つからないという方は多いですね。

今まで仕事で一生懸命に生きてきて、趣味を持つ余裕もなかったと思います。

また、50代になってから新しい趣味を無理に見つけるというのも、大変な場合が多いとも感じます。

生きていたくないと思わないように趣味を見つけるよりも、自然にやりたいことをやることの方が大切ですね。

でも、もし50代の方で生きていたくないと思ってしまったら、何をしたら良いのでしょうか。

趣味がある方は、趣味をやってリラックスするようにした方が良いですが、これと言って趣味がない方には、瞑想をすることをオススメします。

瞑想というと宗教的なイメージが強かったのですが、最近ではマインドフルネスと言われてグーグルやインテルというIT企業でも社内で導入されていると言われています。

また、ホットヨガというのが流行っているのですが、その中で瞑想というのもやっています。

ですので、瞑想をしていると言っても宗教的なイメージがなくなっているので、安心して瞑想をすることが可能です。

瞑想というのは、カルチャーセンターでも教えているので、生きていたくないと考えてしまっている50代の方は、気軽な気持ちで瞑想教室に訪れてみてはいかがですか?

瞑想というのは、色々な効果効能が期待できるのですが、あなたの生きていたくないという気持ちも晴れると思いますよ。

以上、生きていたくない50代でも、頑張るしかない話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-生きていくのが辛くて苦しい人へ
-

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.