チャットメンターを受けると、こうなります 生きていくのが辛くて苦しい人へ

苦しい助けて言えない人こそ、チャットメンターを利用して欲しい

投稿日:

生きていくのが辛くて苦しい人の多くは、苦しい助けてと言えない方が殆どだと思います。

女性の方は、おしゃべりをしてストレス解消をする方が多いですが、男性の多くは、おしゃべりをしてストレス解消をする方は少ないですね。

男性の方は仕事のストレスで苦しむ方が多いですが、軽々しく仕事のストレスを言えないというのも男性にはあります。

私は、苦しい助けてと言えない男性に、悩みを相談して欲しい想いから、チャットで気軽に話が出来るチャットメンターというサービスを運営しています。

今回は、苦しい助けて言えない人こそ、チャットメンターを利用して欲しい話をします。

苦しい助けて言えない人こそ、チャットメンターを利用して欲しい

私が会社員として勤務しているときに中小企業の総務の仕事をしていましたが、社長の秘書のように社長からの特命の仕事を色々とすることが多かったです。

社長というのは、社員に向けて苦しい助けてと言えない立場ですが、常に社長の近くにいる立場になると、社長も苦しい助けてという気持ちがあることを知りました。

総務の仕事というのは、会社の社員全体を俯瞰した立場で見ることも仕事の一部なので、社員全体の様子を観察出来ます。

社長以外でも部長、課長でも苦しい助けてという気持ちがあり、他のパート社員から全員苦しい助けてという気持ちがあります。

それを言うか言わないかは、人の性格にもよりますが、会社で苦しい助けてという気持ちを言うときには、精神的にストレスが多くなっていてダメージが大き過ぎる状態になっていると感じます。

もっと早く苦しい助けて言えば、精神的なダメージが少なくて、すぐに改善できる場合が多いと感じました。

でも、会社の上の立場の人に気軽に苦しい助けてと言えない雰囲気があるのも事実です。

そこで私が総務の仕事をしているときには、携帯電話で24時間365日お客様の問い合わせ電話と社員からの緊急電話対応をしていました。

でも、5年間ぐらいの間でお客様の電話が2件と社員からの緊急電話が3件ぐらいと数は少なかったです。

ただし、社長からの緊急電話は数え切れないほど、多かったですが。。

社員からの緊急電話として深刻な内容の話もありましたが、苦しい助けてという気持ちを早めに言ってもらえて良かったと感じました。

私も苦しい助けてと言えない立場でした。

私は総務の仕事をしていましたが、苦しい助けてと言えない立場の仕事でした。

そこで私は外部のコンサルタントに色々な悩みを相談していましたが、何でも相談出来る人の存在は大切だと感じていました。

いま生きていくのが辛くて苦しい人は、気軽に何でも相談できる人がいない方が殆どだと思います。

そして、悩んでいる問題を他の人に相談してみたら、大きな問題だと思っていたものは、実は大した問題ではなかったことに気づくのが殆どです。

私は、個人が苦しい助けてと言えるサービスを提供しようと思い、チャットメンターというサービスを始めました。

あなたが、チャットで苦しい助けてという色々な悩みを相談しているうちに、あなたの苦しい助けてという気持ちは解消することが可能です。

私はあなたと利害関係が全くないので、あなたは何にも気にしなくて悩みを相談することが出来ます。

そして、私があなたにアドバイスする知識は、私の会社員時代の経験からのアドバイスするのではなくて、古代インド哲学ヴェーダの知識という絶対的な立場からの知識からアドバイスします。

古代インド哲学ヴェーダの知識というのは、あなたの幸福の拡大をするための知識であり理知の誤りがない知識と言われています。

私のエゴがない純粋な立場からアドバイスして、あなたの幸福の拡大と進化成長を応援するサービスです。

生きていくのが辛くて苦しい人、苦しい助けてと言えない人に、チャットメンターを利用して欲しいと思っています。

以上、苦しい助けて言えない人こそ、チャットメンターを利用して欲しい話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-チャットメンターを受けると、こうなります, 生きていくのが辛くて苦しい人へ
-,

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.