生きていくのが辛くて苦しい人へ

苦しい辛い不安なら、瞑想をオススメ

投稿日:

いま、苦しい辛い不安と感じている方は、瞑想をすることをオススメします。

なぜなら、瞑想をすることで苦しい辛い不安が解消されるからです。

以前の私も、苦しい辛い不安の毎日でした。

でも、瞑想を毎日継続することで、苦しい辛い不安というものとは無縁の生活が出来るようになりました。

瞑想というと宗教的なイメージを連想する方が多いのですが、宗教的な気持ちとは関係なしに単に瞑想をすれば苦しい辛い不安は解消できます。

何故、瞑想をすると、苦しい辛い不安が解消されるのでしょうか。

今回は、苦しい辛い不安なら、瞑想をオススメの話をします。

苦しい辛い不安なら、瞑想をオススメ

苦しい辛い不安の気持ちがある方には、瞑想をオススメします。

瞑想の目的というのは、心の働きを停止することです。

苦しい辛い不安というのは、全て心の働きで生じるものですが、心の働きを停止すれば、苦しい辛い不安という気持ちを感じることが出来ません。

ただし、心の働きを完全に止めることは、瞑想をして悟りレベルになることが必要です。

でも、瞑想をすることで心と身体に十分な休息を与えることが出来て、ストレスが解消することが出来るので、苦しい辛い不安という気持ちは自然に解消することが出来ます。

つまり、瞑想の効果として、心と身体に十分な休息を与えることもあります。

肩こりというのも、身体の肩が緊張して血行が悪くて痛くなる症状ですが、身体と心というのは、緊張やストレスがあると痛くなります。

そして、その痛みは、苦しい辛い不安という感じを人に与えます。

でも、瞑想をすることで心と身体の緊張やストレスを解消することが出来て、苦しい辛い不安という気持ちも自然と消えていきます。

苦しい辛い不安を検討

苦しい辛い不安な気持ちは、単に身体と心の疲れから発生する症状ですので、瞑想をすれば解消することが出来ることを伝えました。

つまり、苦しい辛い不安という気持ちのときには、自分を弱い人間と責めたり、もっと頑張ろうという気持ちで無理に頑張ろうとすることは意味がないことばかりか、逆効果だと言えます。

苦しい辛い不安という気持ちのときには、瞑想をして心と身体に十分な休息を与えることが、重要なポイントなのです。

瞑想というのは、最も心と身体に休息を与える行為です。

もし、瞑想の方法を知らない方は、夜10時までに寝るという早寝の習慣でも良いのですが、とにかく心と身体に十分な休息を与えることを意識することが必要です。

心と身体に休息を与える、瞑想と睡眠の違い

苦しい辛い不安という気持ちの方には、瞑想をオススメしていますが、瞑想のやり方を知らない方には、早寝をオススメしています。

心と身体に休息を与えることは、瞑想も睡眠も共通していますが、瞑想の方が心の深い部分のストレスを解消することが可能です。

身体の疲れだけであれば、早寝でも十分な効果がありますが、心の深い部分にあるストレスには瞑想をすることが必要です。

もちろん、早寝をする睡眠でも夢を見ることで心のストレス解消をしています。

楽しい夢や怖い夢、不思議な夢など色々な夢がありますが、全ての夢は心のストレスを解消するために見ています。

早寝をすれば、脳が休むことが出来る時間も出来ますし、夢を見る時間も出来るので心のストレスは解消できます。

いま、苦しい辛い不安という気持ちの方は、まずは早寝をする睡眠を意識する生活に変えて、それでも苦しい辛い不安という気持ちがあるのであれば、瞑想をすることがオススメですね。

あなたの苦しい辛い不安という気持ちは、単に心と身体の疲れと思って深刻に考えないことが大切ですよ。

以上、苦しい辛い不安なら、瞑想をオススメの話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-生きていくのが辛くて苦しい人へ
-, ,

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.