現代人のほぼ全ての人がストレスを持って生活しています。

ストレス原因というのは、仕事だったり人間関係だったり人それぞれ違うと思っている方が多いのですが、ストレス原因を突き詰めて考えてみると、人の心にあると言えます。

もし、人の心が機能しないのであれば、ストレス原因がなくなることになるので、ストレスを感じない生活にすることが可能です。

実は、瞑想というのは心の働きを止める行為なのですが、瞑想をしている人はストレス原因がないので、ストレスがない生活が出来ます。

人の心にストレス原因があるというのは、確かなことだと思います。

今回は、ストレス原因は、人の心の話をします。

ストレス原因は、人の心

ストレス原因は、人の心にあります。

人の心というのは、色々なものを認識する働きがありますが、その認識によってストレスになってしまっています。

例えば、自分が嫌いなものや不快なものを見るとストレスになりますが、他の人にとっては、嫌いや不快ではなくてストレスにならない場合があります。

つまり、自分の心の働きという主観的な問題でストレス原因になっています。

同じ対象を見ても、ストレス原因になる人とならない人がいるということは、ストレス原因というのは絶対的な客観的なものではないということです。

例えば、会社の上司をストレス原因に感じる人もいれば、ストレス原因に感じない人もいますね。

自分という人の心が原因でストレスを感じてしまうのであれば、自分という人の心の働きを変えることで、ストレス原因を無くすことが出来ます。

ストレス原因は、人の心なら心の働きを停止する

瞑想というのは、目を閉じて何をしているのか?と思う方が多いと思いますが、実は瞑想というのは、心の働きを止めるトレーニングをしていると言えます。

なぜ、人の心の働きを止めるトレーニングをしているかと言うと、人の心の働きを止めることで辛い苦しいストレス原因を解消することが出来るからです。

ストレス原因を感じるのが、人の心であれば、人の心の働きを停止すれば、ストレスを感じない人になることは当然のことです。

以前の私はストレスが多くて、毎晩ビールを飲酒して寝る生活を20年ぐらい続けていました。

でも、瞑想を本格的にするようになってからは、飲酒して寝る生活を辞めることが出来ました。

そして、ちょっとしたことでは、ストレスを感じない生活になっています。

もちろん、完全に心の働きを止めることは悟り得る聖者になるレベルなので、完全に心の働きを止めることは出来ていませんが、それでも瞑想を継続的にすることで、ストレスを感じない生活にすることは可能です。

ストレス原因、人の心を検討

ストレス原因は、人の心の働きが原因であるので、心の働きを止めることでストレス原因がなくなる。

そして、人の心の働きを止めることは、瞑想をすることで可能なことを伝えました。

ストレス原因は、人の心の働きであることが完全に腑に落ちて理解することが出来ると、ストレスがなくなるので生きることが大変楽になります。

そして、ストレスがなくなり生きることが楽になることで、自分が本当にやりたいことや、本当の自分で生きることが出来るようになります。

多くの方はストレスを抱えながら、偽りの心と偽りの自分で人生を生きていますが、ストレス原因がなくなり心と身体に余裕が出来ることで、偽りの自分から本当の自分で生きる気持ちに自然と目覚めます。

つまり、ストレス原因がなくなることで、自然に勝手に楽に生きることが出来るようになります。

ストレス原因がなくなることは、人にとって最大なる価値があることだと言うことが出来ます。

以上、ストレス原因は、人の心の話でした。