「苦しい助けてほしい」と思うときには、瞑想がオススメ

いま、「苦しい助けてほしい!」と思う方は、いるでしょうか。

苦しい助けてほしい!と思うときには、瞑想をすることがオススメです。

なぜなら、瞑想をすることで苦しい助けてほしいという気持ちを解消出来るからです。

実は瞑想というのは、心の働きを停止することが出来るので、苦しい気持ちを感じないようになります。

今回は、「苦しい助けてほしい」と思うときには、瞑想がオススメの話をします。

「苦しい助けてほしい」と思うときには、瞑想がオススメ

苦しい助けてほしい!という気持ちは、どんな方でも一度は経験するものです。

でも、瞑想を経験し瞑想を継続している方は、大変少ないと感じます。

苦しい助けてほしい、という気持ちを一時的に解消するためには色々な方法があります。

例えば、お酒を飲むとか友人との会話、スポーツをするなど人の価値観で色々とあります。

でも、そのような方法は、その場しのぎの一時的なものでしかありません。

古代インド哲学ヴェーダの知識では、瞑想だけが本当の意味で苦しい助けてという気持ちを永遠に解決できる方法と伝えています。

ですので、苦しい助けてほしいという気持ちの方は、瞑想をすることをオススメしています。

私も苦しい助けてほしい!という気持ちを常に感じて生きていましたが、瞑想を継続的にするようになってからは、苦しい助けてほしいという気持ちが少なくなっていますよ。

「苦しい助けてほしい」を検討

苦しい助けてほしい!という気持ちのときには、無理をしないことが一番です。

何かを努力して解決しようと思うことは、更に苦しい助けてほしい気持ちになってしまいます。

古代インド哲学ヴェーダの知識では、自然という言葉が度々登場します。

人というのは、何かをするときに努力をすることが美徳のように言われていますが、古代インド哲学ヴェーダの知識では、努力をすることを否定して、自然になることを推奨しています。

努力というのは、心に緊張感を作ってしまいストレスを発生させます。

ストレスがあるからこそ、更に苦しい助けてほしい気持ちになってしまいます。

瞑想というのは、努力というものがなくて、とても自然な行為です。

そもそも人というのは、瞑想をすることが人の習慣として自然にあることだと伝えています。

つまり、瞑想をすることは、睡眠や歯磨きをするようなことと同様に自然な行為なのです。

瞑想で「苦しい助けてほしい」からの永遠の解放

苦しい助けてほしい!という気持ちは、瞑想で解消できることを伝えました。

そして、瞑想でしか永遠の苦しい気持ちを解消できないことも伝えました。

以前の私が、苦しい助けてほしい!という気持ちのときには、あらゆることをしました。

お酒を飲むことから始まり、精神科で処方される薬を飲むことや、催眠療法、気功、占いなど色々なことをして、苦しい助けてほしい気持ちから解放されることを試みました。

でも、どれも一時的な気持ちの高揚感だけでした。

特に、苦しみから逃れるために毎晩お酒を飲むことをしていましたが、本当にマックスに苦しい助けてほしい気持ちのときには、酒を飲んでも全く酔えない感じになっていました。

瞑想をするようになってからは、酒を飲むことも辞めることも出来て「苦しい助けてほしい」という気持ちを解消することができましたが、お酒を飲んで「苦しい助けてほしい」という気持ちを一時的に忘れることをすることは、大変時間の無駄だと感じます。

お酒を飲むと健康に悪いことは当然ですし、お金もかかります。

また、最近では色々な方が酒を飲んで事件を起こしてしまい、今まで積み上げてきた人生を棒に振っている方がいます。

瞑想というのは、無料で出来ますし健康にも良い影響しかありません。

「苦しい助けてほしい」と思っている方には、瞑想は大変オススメです。

以上、「苦しい助けてほしい」と思うときには、瞑想がオススメの話でした。