チャットメンターの意味とは?

私の運営しているチャットメンターの意味が気になる方は、いるでしょうか。

チャットメンターの意味とは、例えるならライザップの心版と考えるとわかりやすいです。

ライザップは、身体を鍛えてダイエットをすることが目的ですが、チャットメンターの意味とは、不安な気持ちを解消する心のデトックスを第一優先にしていますが、最終的には各自の持って生まれた純粋な思いで生きることが出来る、天命に沿って生きることを目的にしています。

今回は、チャットメンターの意味とは?の話をします。

チャットメンターの意味とは イメージ画像

チャットメンターの意味とは?

私がチャットメンターというサービスを始めようと思った理由として、以前に私がインド占星術の鑑定師として活動したことに関係しています。

インド占星術ジョーティシュでは、この世に生まれてきた理由の天命というものを鑑定することが可能です。

でも、自分の天命を鑑定で知ったとしても、自分の天命に沿って生きることが出来ない方が多いことが現実としてあります。

私が自分の天命を知ったのは、今から7年ぐらい前になりますが、私の天命は「人を助ける」です。

初めて自分の天命を知ったときには、自分は良い人ではないし、ボランティアにも興味がないし偽善者になると感じていました。

つまり、自分の天命を受け入れることは全く出来ませんでしたし、天命に沿って生きることは、どのようにして良いのか全くわかりませんでした。

私の天命「人を助ける」ということを聞いたときには、人を助けるとは医者の仕事でしょ?と思ったのですが、天命を伝えてくれた方は、医者だけが人を助けるものではないと教えてくれました。

また、「人を助ける」という天命を持っている方は、大変少ないのですが、そういう天命を持っているからこそ、普通の人では助けることが出来ない人を助けることが出来ると教わりました。

でも当時会社員だった私は、どのようにして私の天命に沿った活動が出来るのか、自分なりに色々と考えて色々な活動をしてきました。

余計なお世話的に人を助けてみたり、私のエゴの押し付けで人を助けることもしていたと思います。

でも、そのような中でインド占星術ジョーティシュを学び鑑定師として活動したり、インド占星術ジョーティシュやアーユルヴェーダの教えの元になるヴェーダの知識を学ぶことによって、本当の意味での「人を助ける」ということが分かりました。

私が天命を知って天命に沿った活動が出来るようになるまでには、7年の月日が必要でしたが、各自が自分の天命に沿った活動が出来るように支援することをして、私の天命である「人を助ける」ことをしたいと思うようになりました。

ですので、チャットメンターの意味は、各自の自分の天命に沿って生きることが出来るようになるためのサービスです。

もちろん、天命に沿った活動が出来る以前に、日常生活での不安を解消する必要があります。

日常生活で色々な不安な気持ちがあっては、天命に沿って生きるどころではありません。

でも、今の生活で生きることが辛くて苦しい方こそ、チャットメンターを利用して天命に沿った生き方をして欲しいと思っています。

なぜなら、生きることが辛くて苦しい方こそ、天命に沿って生きていないからです。

本来自分が進むべき道ではない間違った道を進んでいるので、辛くて苦しくなっているのです。

逆に生きることが楽しいという方は、天命に沿った生き方もしている可能性が高いです。

インド占星術ジョーティシュで天命を伝えるときに、今現在の生活に満足して成功している方は、自分の天命を聞いたときに納得してスンナリ受け入れていましたが、今現在の生活が辛くて苦しい方こそ、自分の天命を信じることが出来ずに受け入れることが出来ない方が殆どでした。

ヴェーダの知識では、輪廻転生という人は悟るまで何度でも生まれ変わるという知識があります。

また、どんな人でも最終的には悟りを得るため自分の天命に沿った道を生きるとも伝えています。

チャットメンターの意味とは、あなたが自分の天命に沿って生きることを支援するサービスです。

以上、チャットメンターの意味とは?の話でした。