生きていくのが辛くて苦しい人へ 睡眠

アーユルヴェーダの知識から考える、眠れない時に寝る方法

投稿日:

チャットメンターのブログでは、全体を通して【早寝】をすることを何度も推奨しています。

夢や願望を叶えるために何かに努力をするよりも、何かの知識を勉強をするよりも、何かの問題に対処して問題を改善することよりも、実は、早寝をすることの方が遥かに重要です。

早寝の睡眠によって、身体に十分な休息を与えることが出来るのですが、身体が完璧な健康状態であれば、今まで問題であったことが問題でなくなりますし、夢や願望も脳が完璧な状態で働くようになり、自然と夢や願望が叶う方向になります。

早寝というのは、夜は22時半までに寝ることですが、これだけで辛くて苦しい人生から解放されるのであれば、早寝をしないことは、どんだけもったいないことをしているのかと思います。

でも、今まで12時ぐらいに寝ている方が、急に22時半に寝ようと思っても眠れないという方が多くいます。

では、どのようにしたら、早く眠ることが出来るようになるのでしょうか。

今回は、アーユルヴェーダの知識から考える、眠れない時に寝る方法の話をします。

アーユルヴェーダの知識から考える、眠れない時に寝る方法

アーユルヴェーダの知識から眠れない時に寝る方法としては、夜は活動をしないことが一番です。

仕事から帰り帰宅してからは、寝るための準備として過ごすことです。

夜に帰宅してから仕事のストレス解消として、飲酒をしたり趣味や勉強の活動をする方も多いと思います。

でも、早寝をするためには、飲酒や趣味や勉強の活動は悪影響になります。

飲酒をしないと眠れないやストレス解消が出来ないという方も多いと思いますが、早寝をするようになれば、仕事でのストレスを感じることもなくなり、飲酒をする必要もなくなります。

趣味や勉強の活動は、朝起きたときにやった方が効率が良いので、朝にするようにした方が良いですね。

また、夜にはお風呂に入る方が殆どだと思いますが、夜に湯船に浸かると、熱が上がって睡眠に影響を与える場合が多いので、軽くシャワーだけにする方が良い方も多いです。

湯船に浸かりたいときには、朝起きたときに湯船に浸かる方が良いと思います。

仕事から帰宅して夜の時間というのは、寝るための準備の時間として割り切って、とにかく早寝を意識するようにしたいものです。

眠れない時に寝る方法を検討

眠れない時に寝る方法として、具体的な寝る方法を探している方もいると思います。

私が眠れない時に寝る方法として実践しているのは、1から9の数を数えることです。

眠れないときに羊を数えることが有名ですが、数が大きくなると数えることに頭を使うので、単純に1から9を数える方が良いと感じています。

また、あまり興味がない難しい本を読むことでも、眠気が出てきます。

早寝が出来ないという方の多くは、ベッドの中でスマホを見る方が多いと思いますが、寝る前にスマホを見ると目が冴えてしまうので、夜8時以降は、スマホの電源を切るようにすることも大切なポイントです。

その他にも、色々な眠れない時に寝る方法がありますが、自分にあった眠れない時に寝る方法があると思います。

例えば、枕元にニンニクや玉ねぎを置いておくと、香りで眠たくなると聞いて試したことがありますが、私にはあまり効果がなかったです。

ネットで検索すると、色々な睡眠方法がありますが、自分にあった睡眠方法を色々と試してみる価値はあります。

私が試してみた眠れない時に寝る方法

  1. おでこにギーを塗る
  2. 冬に寒さで眠れないことを防ぐために、5本指ソックスを履く
  3. 夕飯は、辛いものや脂っこいものなど胃に負担になるものや刺激的なものを食べない
  4. ホラー映画や暴力的な刺激的な映画やテレビ・Youtubeを見ない
  5. 寝る前から部屋の明るさを暗くする
  6. ロックやポップスなど激しい音楽を聴かない
  7. 夜にスマホゲームやテレビゲームをしない
  8. 帰宅時に照明が明るいスーパーでの買い物を控える
  9. ベッドの近くにスマホを置かない
  10. 夜に湯船に浸からないで、朝風呂にする
  11. 日中に昼寝をしない、電車でも寝ない
  12. 夜に眠れるように日中に十分活動する
  13. 寝る前には、興味がない難しい本を読む
  14. 1~9の数字をカウントする
  15. 水晶を握って寝る
  16. 眠れないときでも、焦らないで目を閉じたままリラックスする

上記に眠れない時に寝る方法として色々とご紹介しましたが、早寝をすることを意識していれば、一ヶ月ぐらい時間が必要かもしれないですが、徐々に早寝が習慣にすることが出来ます。

一度早寝の習慣が出来て。早寝の効果を知ることが出来れば、もう遅寝の習慣に戻ることは出来なくなります。

早寝をすることは、瞑想の次に絶大な効果があるものですよ。

以上、アーユルヴェーダの知識から考える、眠れない時に寝る方法の話でした。

眠れない時に寝る方法で紹介した商品

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-生きていくのが辛くて苦しい人へ, 睡眠
-,

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.