生きていくのが辛くて苦しい人へ

ヴェーダの知識から考える、人を助けるとは?

投稿日:

私の天命は、「人を助ける」ですが、人を助けることは、結構奥が深い話です。

なぜなら、人を助ける方法には色々な方法があり、安易に人を助けることが実は本人のためにならない場合もあるからです。

例えば、魚を上げるよりも釣りの仕方を教える方が良いという話があります。

魚を欲しがっている方に、魚を上げることは可能ですが、それでは本人は私の助けがないと魚を得ることが出来ない状況になります。

一方で魚の釣り方を教えてあげれば、本人が魚を欲しいときにはいつでも魚を得ることが可能という話です。

この話は、アフリカに井戸の掘り方を教えることにも繋がります。

ヴェーダの知識や私の運営しているチャットメンターでの、「人を助ける」というのは、どのようなことなのか?

今回は、ヴェーダの知識から考える、人を助けるとは?の話をします。

ヴェーダの知識から考える、人を助けるとは?

私はインド占星術ジョーティシュで鑑定師として活動していましたが、インド占星術ジョーティシュを習うときに先生からは、鑑定でのアドバイスでは、人の背中を押すことしかしてはいけないと言われました。

例えば、そのまま進むなら苦労や大変なことがあるとわかった場合、その苦労を避けるようなアドバイスをしてはいけないと教わりました。

なぜなら、その苦労をしたことで色々な経験をして本人が成長することが出来るからだと言われました。

もし、依頼者が苦労をする道を避けることにして、依頼者が苦労から学ぶキッカケを奪うことになったら、それは取り返しの付かないことをしていると教わりました。

お釈迦様の有名な話として、子どもを亡くした母親が、子どもが復活して生きるようにして欲しいとお釈迦様に言います。

お釈迦様は、母親に子どもが復活できないことを本人に気づかせることをしましたが、お釈迦様の弟子たちは、疑問に思います。

なぜ、母親の子ども復活して生きるようにしてあげなかったのですか?とお釈迦様に質問しました。

実は、悟りを得ているお釈迦様にとって、子どもを生き返らすことは可能なことを弟子たちは知っていたからです。

でも、お釈迦様は、子どもを生き返らすことよりも、母親に子どもの死についての経験を優先させたのです。

なぜなら、子どもは、輪廻転生によって再び生まれ変わることが、お釈迦様には分かっていました。

でも、母親にとって、この機会で子どもの死について経験することは、大切なことと判断しました。

そして、その後母親は子どもの死の経験から、悟りの道を歩むことになったと伝えられています。

つまり、人を助けるというのは、その場だけの場当たり的な対処ではなくて、その人の未来を含めて全てを知った上で判断して、人を助けることが重要なポイントになります。

人を助けるとは?を検討

私の天命は、「人を助ける」ですが、私の好きな人を助ける方法として、現代催眠の創始者ミルトン・エリクソン医師の話がとても好きです。

ミルトン・エリクソン医師は、精神科医としてクライアントの悩みを解決する仕事をしていましたが、晩年は直接クライアントの対応をするよりは、大勢に向けての講演をメインにしていたそうです。

そして、ミルトン・エリクソンの評判を聞いて多くの方が講演に行って話を聞くのですが、講演後に参加者たちは、「なんにも役に立つ話がなかった!」と不満を言いながら、帰る方が殆どだったそうです。

でも、実は不満を言う参加者たちは、今まで個人的な悩みがあったのですが、講演後には悩みが無くなっていたと伝えられています。

つまり、ミルトン・エリクソン医師は、自分の助ける力を納得させることよりも、悩みがある方の悩みを解消することを優先させていたのです。

ミルトン・エリクソン医師は、無我の自分でクライアントの悩みと向き合っていたと思います。

私の天命は、「人を助ける」ですが、私も無我の自分で依頼者の悩みを解消することを目指しています。

チャットメンターのサービスは、「人が自身のダルマを生きることをサポートする」です。

人が自身のダルマを生きることで、各自に色々とある問題や生涯というものは、自然に解消されます。

もっと具体的に言うと、私はチャットメンターのブログを通して、早寝をすることの大切さを何度も伝えています。

それは、早寝をして身体と心に十分な休息を与え完璧な健康になることで、いま現在のあなたが問題や悩みと感じていることが自然に解消されて、問題ではなくなります。

人が自身のダルマに生きるためには、身体と心の十分な休息と健康が必須になっています。

人を助けるとは、奥が深いものですが、私はあなたが幸福の拡大が出来るようにサポートします。

以上、ヴェーダの知識から考える、人を助けるとは?の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-生きていくのが辛くて苦しい人へ
-

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.