辛い事が続くのは何故と考えているあなたへ、永遠なる幸福を知りたくありませんか

辛い事が続くのは何故?と考えている方は、いるでしょうか。

いま現在が、生きていくのが辛くて苦しい方は、何故こんな試練があるのか?

この試練に何か意味があるのか?と考える方は、多いかもしれません。

でも、辛い事が続くのは何故と考えることには、意味はありません。

そこにフォーカスするのではなくて、永遠なる幸福に意識を向けることで、あなたの辛い思いは、自然に解消することが可能です。

今回は、辛い事が続くのは何故と考えているあなたへ、永遠なる幸福を知りたくありませんか?の話をします。

辛い事が続くのは何故と考えているあなたへ、永遠なる幸福を知りたくありませんか?

辛い事が続くのは何故と考えることには、価値がありません。

何故なら、辛い事とは何かをした原因の結果ですが、結果を考えても辛い気持ちが解消されません。

だからといって、辛い事が発生した原因を考えることにも意味がありません。

心理学系の話では、トラウマの原因となるものを知ることが大切と言われていますが、古代インド哲学ヴェーダの知識の観点から考えると、辛い事が発生した原因を考えることも意味がありません。

なぜなら、辛い事が発生した原因を考えても人と言うのは、再び同じことを繰り返してしまうものと古代インド哲学ヴェーダの知識では考えています。

ヴェーダの知識では、人の生まれ変わりを輪廻転生という表現をしていますが、人は死んでも自分の癖がなくならずに、同じことを何度でも繰り返してしまうものです。

だからこそ、人は輪廻転生で何万回も生まれ変わりをしています。

つまり、辛い事が続くのは何故と考えても、改善できなく再び同じことを繰り返して、辛い事が続くのが人の人生とも言うことが出来ます。

ですので、辛い事が続くのは何故と考えることは辞めて、辛い事が続く輪廻転生の世界から抜け出すことが大変大切なポイントです。

辛い事が続く輪廻転生の世界から抜け出す方法

辛い事が続くのは何故と考えても、辛い事が続く輪廻転生から抜け出すことは出来ません。

辛い事から抜け出す方法としては、瞑想をすることしか方法がありません。

そして、瞑想をすることで永遠なる幸福を知ることが出来て、辛い事から抜け出すことが可能だと伝えられています。

仏教の開祖お釈迦様は、この世の四苦八苦から抜け出したいために悟りを求めて修行しましたが、最終的には瞑想をすることで、辛い事が続く世の中から抜け出すことが出来ました。

これは、お釈迦様だけの話ではなくて、どんな人でも生きているのは四苦八苦の世界で辛い事が続く世界で生きていると言えます。

そして、辛い事が続く世界から抜け出す方法としては、瞑想をすることでしか抜け出すことが出来ません。

ヴェーダの知識では、人というのはどんな人でも最終的には、悟りを目指すと言われていますが、輪廻転生で何万回も辛い事が続く世界を生きていれば、瞑想をして抜け出したい気持ちになることは、当然のことだと思います。

辛い事が続くのは何故を検討

辛い事が続くのは何故?という疑問に対して答えがあるとしたら、それは悟りを目指すために辛い事が続くと考えることが出来ます。

もし、辛い事が続くことなく楽な世界だけで生きているのであれば、瞑想をして悟りを目指す人は殆どいないと思います。

この世界で辛い事が続き抜け出したいという強い思いから、人は悟りを目指すと考える方が自然です。

ただし、瞑想をして悟りを目指すと言っていますが、これは何かの宗教に入って出家をするような意味ではありません。

宗教に入らなくて出家をしなくても、瞑想をすることで辛い事が続くのは何故と考えることはなくなります。

瞑想をすることで永遠なる幸福を知ることが出来て、今まで辛く感じていた世の中が変わると伝えられていますよ。

以上、辛い事が続くのは何故と考えているあなたへ、永遠なる幸福を知りたくありませんか?の話でした。