辛い事が起こる意味を考えるよりも、瞑想することが良い

辛い事が起こる意味を考えている方は、いるでしょうか。

辛い事があると、辛い事が起こる意味を考えて改善しようと思う方がいますが、実はそのようなことは意味がないと言えます。

辛い事が起こる意味を色々と考えるよりも、辛い事から解消されることを優先した方が良いのではないでしょうか?

お釈迦様の方便で、毒矢に刺された方が毒矢がどこから飛んで来たのかと考えるよりも、まずは毒矢を抜くことが大切という話がありますが、同じことだと思います。

辛い事が起こる意味を考える暇があるなら、辛い事を解消することを優先した方が良いと思いませんか?

辛い事が解消したときには、辛い事が起こる意味なんて考える方はいないでしょう。

そして、辛い事が起こることを解消できる方法として、瞑想が一番の方法です。

今回は、辛い事が起こる意味を考えるよりも、瞑想することが良い話をします。

辛い事が起こる意味を考えるよりも、瞑想することが良い

いま生きていることが辛くて苦しい方は、辛い事が起こる意味を考えるよりも、瞑想をして辛い事が起こることを解消することを優先することが大切です。

辛い事が起こる意味を考えても、辛い事に意識がフォーカスされてしまい、更に辛い事の中に意識が埋もれてしまいます。

瞑想というのは、辛い事に意識を向けるのではなくて、最高に幸福なものに意識を向けるものですが、最高に幸福なものを見たら、辛い事も忘れてしまうという理屈です。

例えば、辛い事が起こったとしても、宝くじで1等が当たっていたら辛い事が解消されてしまうと思いませんか?

瞑想での最高に幸福なものとは、宝くじで1等が当たることよりも、幸福なものです。

至福と表現していますが、永遠に常に新鮮で最高に幸福ものだと言われています。

辛い事が起こる意味を検討

辛い事が起こる意味を考えるよりも、瞑想をすることをオススメしていますが、それでも辛い事が起こる意味が気になる方もいると思います。

辛い事が起こる意味を知ってから、瞑想をしようと思う方も多いですね。

辛い事が起こる意味として古代インド哲学ヴェーダの知識から考えると、天命に沿って生きることに気づかせるために辛い事が起こると考えることが出来ます。

我々を守っているものは、車のカーナビのように本来の目的地に案内しているのですが、間違った道を進んでいるのであれば、辛い事が起こり間違った道に進んでいることを気づかせてくれていると表現できます。

更には、間違った道が軽微であれば、辛い事は少しで気づかせてくれるのですが、大幅に間違った道を進んでいるのであれば、大幅に間違っていることを気づかせるために、大きな辛い事が起こり気づかせようとしてくれると伝えられています。

瞑想をすれば、辛い事が起こる意味を考えることもなくなる

辛い事が起こる意味を考えるよりも、瞑想をすることをオススメしています。

そして、瞑想をすることで辛い事が解消されることも伝えています。

実は、本当の意味で辛い事を解消する方法は、瞑想しかありません。

瞑想以外の方法で辛い事を解消しても、再び辛い事が起こります。

辛い事が起こる意味は、本来進む道から外れているので辛い事が起こることを伝えていますが、瞑想以外の方法で辛い事を解消することは、間違った道を進み続けることになります。

瞑想では、色々と細かいことを考えたり分析をしないでも、自然と本来の進む道を進むことが出来ると伝えられています。

車のカーナビで例えるなら、自動的に正しい道を案内してくれるのが瞑想だと言えます。

いま現在、生きていることが辛くて苦しい方は、辛い事が起こる意味を考えるよりも、瞑想をしてみてはいかがでしょうか。

以上、辛い事が起こる意味を考えるよりも、瞑想することが良い話でした。