辛い事に向き合うことが大切なのではない

辛い事に向き合うことが大切と考えている方は、いるでしょうか。

辛い事があったときには、努力して乗り越えることでこそ成長することが出来て、その先には幸福があると考える方は多いです。

でも、辛い事に向き合うことが大切ではありません。

そもそも、辛い事に無理に向き合うのであれば、心と身体にストレスを与えてしまうので良い事はありません。

辛い事に向き合うことが大切と考えるよりも、幸福になることに意識を向けることが大切です。

今回は、辛い事に向き合うことが大切なのではない話をします。

辛い事に向き合うことが大切なのではない

辛い事に向き合うことが大切ではありません。

精神的なことをアドバイスする方の中には、辛い事に向き合うことが大切と唱える人が多い感じがありますが、古代インド哲学ヴェーダの知識では、辛い事に向き合っても価値はないと伝えていると感じます。

辛い事があったときには、辛い事に向き合うことをしないで、瞑想をするように古代インド哲学ヴェーダの知識では伝えています。

そして、瞑想をすることによって、辛い事が自然に解消されていきます。

瞑想というのは、辛い事に向き合う事とは真逆で、至福に向き合うことをする行為です。

つまり、瞑想で永遠なる幸福を感じとることで、辛い事が目立たなくなり浄化されてしまうという理論です。

辛い事に向き合うことを検討

辛い事に向き合うということは、問題に意識を向けることなので、更に問題が大きく感じたりして心と身体への負担が大きくなる可能性が高いです。

だからといって、何かの問題が発生したときに辛い事から逃げてはいけないのですが、辛い事に向き合うこととも違います。

辛い事があったときには、とにかく瞑想をすることが最大なる秘訣だと言えます。

いま、この文章を読んでいる方で生きていることが辛くて苦しい方は、とにかく瞑想をして欲しい気持ちです。

もし、瞑想の仕方が分からないのであれば、椅子に座って目を閉じてリラックスすることを10分間だけすることをオススメします。

辛い事への気持ちが湧き上がるときには、とにかく瞑想をすることを繰り返すことで、辛い事が自然に解消するものです。

瞑想は、辛い事に向き合うことから、幸福へ向き合うへの発想の転換

辛い事があったときには、瞑想をすることをオススメしています。

それは、辛い事に向き合うことよりも、瞑想で幸福へ向き合うことが大切なことを古代インド哲学ヴェーダの知識では伝えています。

幸福なことに意識を向けることで、辛い事への気持ちが解消されることは、今までの経験からでもよくあることではないでしょうか。

例えば、小学生のときに学校で嫌な出来事があって帰宅しても、おやつや夕飯で好物があれば、学校での嫌な出来事も忘れてしまいます。

大人になると子供のときよりも、大きなストレスになっていきます。

ですので、おやつや夕飯での好物では、辛い事が解消されないようになってしまうのですが、瞑想で感じとることが出来るものというのは、至福と呼ばれるもので、これ以上の幸福を感じ取れるものはないと言われるものです。

至福とは、永遠に続く幸福で、常に新しく新鮮に感じる幸福なので、飽きることもないと言われています。

至福の体験を味わってしまったら、経営者としてビジネスの成功をする欲望なんて、どうでも良いことに感じてしまうと言われていますが、至福の体験というのは、辛い事も解消してしまうほどの強力なパワーを持っています。

もし、辛い事に向き合うのであれば、星の数よりも多くの辛い事があるので、向き合うことをするだけで時間がなくなってしまいます。

つまり、キリがないということです。

辛い事に向き合うことよりも、瞑想に向き合うことをして至福を体験することの方が、すべての辛い事を一瞬で解消してしまうので、とても現実的なことだと言うことが出来ます。

以上、辛い事に向き合うことが大切なのではない話でした。