心理学で孤独感・劣等感・疎外感を解消できないなら、瞑想がオススメ

孤独感・劣等感・疎外感を感じている方は、いるでしょうか。

孤独感・劣等感・疎外感を感じている方の多くは、子どものときから感じていて大人になっても変わらないという方が多いと思います。

そして、心理学を学んで孤独感・劣等感・疎外感の原因を探したり解消しようとします。

でも、実際には孤独感・劣等感・疎外感を心理学を学んで解消することは出来ない方が多いのではないでしょうか。

心理学を利用しても、孤独感・劣等感・疎外感を解消できないのであれば、瞑想をすることによって孤独感・劣等感・疎外感を解消することが可能です。

今回は、心理学で孤独感・劣等感・疎外感を解消できないなら、瞑想がオススメの話をします。

心理学で孤独感・劣等感・疎外感を解消できないなら、瞑想がオススメ

孤独感・劣等感・疎外感というものは、心理学で考えると幼少の時代の記憶が影響していると唱えられている場合が多くあります。

そして、心理学を応用した催眠療法では、孤独感・劣等感・疎外感を幼少時代に後退催眠をして解消しようとしています。

以前に私も孤独感・劣等感・疎外感を感じやすい人でしたので、心理学を応用した催眠療法で解消することを試みました。

催眠療法を実際にやってみて、催眠に掛るように意識しましたが、実際に催眠に掛ることはなかったです。

その後、自分自身でNLPで心理学を学び、孤独感・劣等感・疎外感を解消しようとしましたが、それでも解消することは出来ないことを知りました。

つまり、心理学で孤独感・劣等感・疎外感を解消することは、自分の場合では出来ないと思いました。

でも、瞑想をするようになってからは、孤独感・劣等感・疎外感というものが自然に解消されていることに気づきました。

瞑想で孤独感・劣等感・疎外感を解消できる理由

孤独感・劣等感・疎外感というものは、この世界での現象ですが、これからの現象を問題として認識しているのは自分自身の心にあります。

つまり、孤独感・劣等感・疎外感という問題を一つ一つ対処するよりも、自分自身の心を改善することで孤独感・劣等感・疎外感を感じないようにすることが可能です。

心理学は、人の心についての学問ですが、瞑想というのも人の心について詳細に解明しているものです。

実は、古代インド哲学ヴェーダの知識というのも、人の心について詳細に解明している知識です。

そして、お釈迦様のような悟った人というのは、自分自身の心を自由に扱うことが出来るようになった方です。

ですので、瞑想をすることで孤独感・劣等感・疎外感を解消することは、当然のことだと言えます。

私も毎日瞑想を継続的にするようになってから、幼少の頃から感じていた孤独感・劣等感・疎外感というものを自然と感じなくなっていることに気づくことが出来ました。

孤独感・劣等感・疎外感を感じないから、本来の生きる道を歩める

孤独感・劣等感・疎外感というものが自分の心にあると本来の生きる道を歩むことが出来ずに、自分の性格も本来の自分とは違うものになってしまいます。

孤独感・劣等感・疎外感という障害が心にあることによって、本来進むべき道を避けながら人生を歩むことになります。

それは、人生を100%楽しむことが出来ないことに繋がるので、とても悲しいことだと思います。

でも、瞑想をすることによって孤独感・劣等感・疎外感というものがなくなるからこそ、本来進む理想的な人生を歩むことが可能になります。

瞑想というのは、とても現実的で完璧主義の方には、もっとも理想的で完全なものです。

心理学に頼るよりも瞑想を実践することの方が、あなたを改善する賢明な選択だと思いますよ。

以上、心理学で孤独感・劣等感・疎外感を解消できないなら、瞑想がオススメの話でした。