孤独感の原因は、身体の疲れだった

孤独感の原因は、何か考えている方はいるでしょうか。

孤独感の原因は、持って生まれた性格と考えたり、親の遺伝や育った環境と考える方は多いと思います。

そのようなものが孤独感の原因になることは確かにあるとは思いますが、それ以上に孤独感の原因は単に身体の疲れが原因になっている影響が多いです。

つまり、身体の疲れを完全にない状態にすれば、孤独感を解消することが出来ることになります。

実は、私も孤独感を感じやすい人で、長年に渡って孤独感の原因を探していましたが、身体の疲れを解消したら孤独感を感じることがなくなりました。

孤独感の原因が単に身体の疲れと知ったら、孤独感に悩むことは不要です。

今回は、孤独感の原因は、身体の疲れだった話をします。

孤独感の原因は、身体の疲れだった

孤独の原因は、単に身体の疲れだったことを知ると、今まで孤独感に悩んでいたことがバカバカしく感じることになると思います。

なぜなら、身体の疲れを解消すれば孤独感を感じなくなるからです。

そして、孤独感を感じたときには身体が疲れていると認識して、身体を十分に休めることをすれば良いだけなんです。

孤独感を感じる身体の疲れを十分に回復した後には、孤独感を感じることはないと言えます。

たとえ今までの状況と変わらずに自分が一人ぼっちの状態にいても、孤独感を感じることはありません。

一人ぼっちの自分であることを冷静に認識するだけで、孤独感とは違います。

孤独感の原因は性格ではない

実は、私も幼少の頃から孤独感を感じやすい人で、性格の問題かと思って性格を改善することを試み色々なワークをしました。

プラスイメージ成功法や催眠療法などの自己啓発に関する書籍を何十冊と読んだり、セミナーに参加したりしましたが、孤独感の原因を知ることも出来なかったですし、孤独感も解消することはなかったです。

孤独感の原因を幼少の頃の親の原因と唱える方が多くいるのですが、私の場合では親の影響もないように感じていました。

でも、インド占星術ジョーティシュという占いを学ぶようになってからは、月の配置によって孤独感を感じる場合があることを知りました。

私の場合は、月の周りに惑星がない配置になっているので孤独感を感じやすい体質ということは理解できました。

でも、それは孤独である方が好きということでもありました。

インド占星術ジョーティシュで孤独感の原因は、持って生まれた月の配置の影響と知ってからは、気持ち的に楽になり孤独感に対しても以前より落ち込まないようにはなりました。

それでも、たまに孤独感というものを強く感じるので諦めている日々でした。

孤独感の本当の原因を知る

それから数年が経過して、あるきっかけでアーユルヴェーダの医師に診断してもらうことが出来ました。

そのときに孤独感の本当の原因を知ることが出来て、孤独感から完全に解消することが可能になりました。

アーユルヴェーダの医師からは、孤独の原因は性格の問題というよりも、単に身体の疲れが原因となって孤独感を感じているだけです。

つまり、身体に十分に休息を与えれば、自然に孤独感を感じることはなくなると言われました。

身体に十分な休息を与えるというのは、早寝早起きをして睡眠の質を重視した睡眠と、身体に十分に休息を与えることが出来る食事の改善と、身体の神経系統の奥深くにあるストレスを浄化するための瞑想でした。

上記の3つのことを実行するようになってからは、自然と孤独感というものを感じなくなりました。

たとえ一人ぼっちで孤独という状況であっても、それに対して孤独感を感じません。

身体の疲れというのは、孤独感以外にもストレスを発生する原因になり、また人生に悪い影響を与える原因となってしまいます。

実は、身体の疲れを解消すれば、色々な意味で人生が良い方向になっていくと伝えられています。

身体の疲れが解消することでストレスがなくなり、ストレスがない身体と心で行動すれば、人生が良い方向になることは当然だと言われています。

孤独感の原因は、身体の疲れと知ったなら、これから何をしなければおわかりになりますよね。

以上、孤独感の原因は、身体の疲れだった話でした。