生きていくのが辛くて苦しい人へ

努力が報われない時は、純粋な思いを確認

投稿日:

努力が報われない時を感じている方は、いるでしょうか。

努力が報われない時は、努力が足りないとか運がないとか色々なことを考えると思います。

でも、古代インド哲学ヴェーダの知識で考えると、努力が報われない時というのは、自分の本当の純粋な思いではないので、努力が報われないと考えることが出来ます。

逆に言うと、自分の本当の純粋な思いであれば、努力が報われることは当然のことだと言えます。

今回は、努力が報われない時は、純粋な思いを確認の話をします。

努力が報われない時は、純粋な思いを確認

努力が報われない時を感じている方は、努力して得たい目標が本当に自分の純粋な思いであるのか?確認した方が良いと思います。

努力して得たいものが、実は自分の本当の純粋な思いではない可能性が高いです。

純粋な思いというのは、エゴがない思いのことです。

例えば、周りの意見を気にしたことや、世間体だけを考えて努力したことは本当の自分の純粋な思いとは言えませんね。

本当の純粋な思いというのは、心の底から沸き上がる思いです。

純粋な思いでは、寝食を忘れてしまうほどの勢いで行動してしまうので努力という言葉は不要になります。

努力が報われない時は、自分の本当の純粋のためにしているか確認してみることが良いと思います。

努力が報われない時を検討

努力が報われない時は、本当の純粋な思いでないことを伝えました。

つまり本当に純粋な思いであれば、努力という言葉は不要で純粋な思いは叶うことが出来ることを言っています。

これは、古代インド哲学ヴェーダの知識で伝えていることです。

純粋な思いというのは、自分の私利私欲のエゴのためではないものですが、有名な純粋な思いの例としては、マザー・・テレサの行動です。

自分の今までの仕事や財産などを手放してもしたいことが純粋な思いです。

努力が報われない時を冷静になって検討してみると、実は自分のエゴだけの思いであることに気づくことが出来ます。

自分のエゴというのは、単にお金が欲しいという思いであったり、単に自分が幸福になるために相手の気持ちを惹くことです。

純粋な思いというのは、自分というものがない無我の気持ちです。

ヴェーダの知識では、純粋な思いだけを続けることを伝えている

古代インド哲学ヴェーダの知識では、とにかく純粋な思いだけで行動することを伝えています。

つまり、努力が報われようが報われないとしても、常に純粋な思いだけを続けることが大切ということです。

努力しても目標の結果が得られないときには、努力が足りないことや努力の方法が悪いのかと自分の行動を反省したり分析するのではなくて、純粋な思いだけを続けることを強調しています。

努力が報われない時には、自分のことを分析したり反省して、二度と同じことを繰り返すことをしないようにする方が多いのですが、それでも人は同じ過ちを繰り返してしまいます。

それであれば、常に純粋な思いだけをする方が現実的だと言えますね。

努力が報われない時は、自分のことを自己分析しないで常に純粋な思いだけを現実にするための行動をするようにしたら、余計なストレスがなくなって、最速で純粋な思いを具現化することが出来ることを古代インド哲学ヴェーダの知識で伝えています。

世間一般的には、努力という言葉を美徳する風潮があると感じますが、古代インド哲学ヴェーダの知識では、努力という言葉を否定する感じがあります。

なぜなら人が努力するときには、ストレスを発生させてしまい、そのストレスが願望実現への障害となるからです。

ストレスがなければ、人の願望実現は最速で叶うことが出来ますし、純粋な思いというのは努力という言葉が不要なことを古代インド哲学ヴェーダの知識は伝えていますよ。

以上、努力が報われない時は、純粋な思いを確認の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-生きていくのが辛くて苦しい人へ
-

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.