アーユルヴェーダが伝える朝活の1日のスケジュールとは?

朝活というものがありますが、朝に早起きをして活動することで1日のスケジュールが有効活用出来るというものです。

多くの方は朝活では、朝に仕事をすることが効率が良いと認識していますが、アーユルヴェーダの知識から言うと朝に仕事をすることは良いことではありません。

アーユルヴェーダが考える朝活の1日のスケジュールでは、朝に仕事をすることではありません。

アーユルヴェーダの考える朝活では、朝に何をすることが良いのでしょうか?

今回は、アーユルヴェーダが伝える朝活の1日のスケジュールとは?の話をします。

アーユルヴェーダが伝える朝活の1日のスケジュールとは?

アーユルヴェーダが伝える朝活の1日のスケジュールとしては、朝は浄化の時間です。

簡単に言うなら、朝は身体をキレイにする時間にします。

例えば、風呂に入ることやトイレで排泄する、起床したときに白湯を飲んだり、軽く散歩をしたりなど、自分の身体を整えることの時間です。

朝に起床して仕事をすることをアーユルヴェーダでは勧めてはいません。

一般的な朝活では、朝早く起床して仕事をすることは、起床して脳がクリアな状態になっているので仕事の能率が良いと唱えています。

また、朝早いので余計な邪魔が入ることなく仕事が出来ることも伝えています。

でも、アーユルヴェーダの知識では、1日のスケジュールとして仕事というのは、午前中や午後にすることを推奨しています。

学生が学校で授業を受ける時間と同じくらいの感じです。

アーユルヴェーダの朝活の1日のスケジュールとしては、朝と夜に仕事をすることではなくて、自分自身の身体を整えることに使うことです。

朝は、これから1日の始まりのスケジュールのために身体を整えて、夜は1日のスケジュールを終えてリラックスするために身体を整える時間です。

朝に早起きして、自分の身体のメンテナンスをすることは、1日のスケジュールというレースに走るための車の整備をするようなものです。

オイル交換やタイヤの空気圧をチェックしたりして、これからの1日のスケジュールを万全に走ることが出来るようにすることが大切なポイントです。

夜は、深い眠りが出来る就寝のためへのリラックスする時間です。

1日のスケジュールを終えて満足感の気持ちを抱きながら、明日へのために早寝をするための準備時間として利用します。

仕事を夜にしてしまうと眼と脳が覚めてしまい深い眠りが出来なくなってしまいます。

アーユルヴェーダの伝える朝活というのは、とても合理的で仕事の効率も身体も健康も考えられている1日のスケジュールだと感じますね。

朝活の1日のスケジュールを検討

アーユルヴェーダが勧める朝活の1日のスケジュールというのは、本来の人間としての身体の自然な状態を優先して活動することになっています。

そして、身体の状態を優先して1日のスケジュールをすることで、本当の意味で効率が良い活動が出来ます。

世間一般での朝活というのは、仕事のことだけをフォーカスして考えているものですが、アーユルヴェーダの伝えるものは、人生全般での効率を考えられています。

アーユルヴェーダでは、仕事での成功と完璧な健康というのは、同じ所にあると考えています。

つまり、自分の身体が完全な健康になることで仕事での成功もありますし、心の幸福もあるという知識です。

これは単なる精神論ではなくて、科学的な根拠もあるものなので確かなことだと言えます。

私も実際にアーユルヴェーダが伝える朝活と1日のスケジュールを守った生活をしていますが、ストレスがなくなって人生を過ごせるようになったことが一番の効果です。

以前には、私も世間一般的に言われている朝活で朝に早起きして仕事をしていました。

でも今では、仕事を優先する人生より身体の健康を優先する朝活にすることで、仕事の成功も身体の健康も同時に存在できることを体験しています。

アーユルヴェーダが伝える朝活をして、仕事の効率だけをフォーカスした朝活ではなくて、1日のスケジュールが長い人生全般に渡って幸福に繋がることを知って欲しいと思います。

以上、アーユルヴェーダが伝える朝活の1日のスケジュールとは?の話でした。