禁酒禁断症状の期間に意識を向けないで!

禁酒禁断症状の期間に意識を向けてはいけません。

なぜなら、期間に意識を向けてしまうことでストレスになってしまうからです。

逆に禁酒禁断症状の期間ではなくて、他のことに意識を向けることで禁酒禁断症状を忘れることが出来て、気づいたら禁酒を継続することが出来ているようになります。

今回は、禁酒禁断症状の期間に意識を向けないで!の話をします。

禁酒禁断症状の期間に意識を向けないで!

禁酒を継続させるためには、禁酒禁断症状を忘れてしまうほど、他のことに熱中することが大切なポイントです。

私も何度も禁酒を試みましたが、禁酒禁断症状の期間というのは1週間耐えるのも大変ですし、1ヶ月経過しても3ヶ月経過しても禁酒禁断症状というのは、微かにあります。

ですので、本当に苦しいことがあると再び酒を飲んでしまう可能性が高いです。

食事制限をするダイエットでも、一生食事制限を継続することが必要だと言われていますが、禁酒に関しても禁断症状を我慢するような禁酒であれば、期間というのは関係なしに一生我慢をする必要があるかもしれないです。

一方で禁酒の禁断症状を感じないで我慢をしない禁酒であれば、気づいたら禁酒の継続している期間が増えているようになると言えます。

つまり、禁酒禁断症状の期間に意識が向いてしまう禁酒であれば、その禁酒方法は間違っていると思った方が良いと思います。

禁酒禁断症状の期間を検討

禁酒禁断症状の期間というのは、医学的な観点から見ると1年ぐらい継続するようです。

アルコールの力というのは、とても強いものだということがわかります。

アルコールの依存の力というのは、麻薬と変わらないという話もあるようですが、禁酒禁断症状を我慢する期間というのは、とても大変なことだと言えますね。

ですので、禁酒禁断症状の期間を我慢だけで乗り越えることは、とても大変で多くの方は無理なことだと言えます。

私も20年ぐらいの間で何度も禁酒をしようとしたけれど、禁酒禁断症状に我慢をすることが出来ずに数ヶ月の期間で禁酒を諦めたことも納得です。

禁酒禁断症状を我慢する禁酒方法は、ストレスが多いので禁酒禁断症状が気にならない他の禁酒方法を知ることが必要だと思います。

瞑想で禁断症状が出ないで、禁酒の期間を継続出来る。

私が最終的に禁酒を継続出来ている方法は、瞑想をするようになってからです。

瞑想をすることで禁酒の禁断症状が出ることなく、我慢することなく禁酒の期間を継続することが出来ています。

1年近く禁酒の期間を継続出来ていますが、もう酒を飲みたいという気持ちもなくなっています。

瞑想をすることで、酒を飲みたいという種を消すことが出来たと思っています。

瞑想というのは、禁酒だけではなくて人にある執着する癖の種を消すことが出来る力があると伝えられています。

幼少からのトラウマ的な障害でも瞑想をすることで解消をすることが出来るようです。

理知の誤りを解消する・カルマの解消とも言うことが出来ますが、瞑想だけが新たなカルマを発生させることなく障害を無くすことが可能です。

瞑想をすることで、禁酒はもちろんのことダイエットや人間関係など色々な障害が自然に解消することが出来ます。

人生というのは、努力をすることが重要と考える方が多いのですが、瞑想というのは努力をしないで自然に物事が良い方向になる行為です。

瞑想をして、何事も努力をしないで自然に良い方向になることを知ったら、努力することがいかに価値がないことを知ると思います。

今この記事を読んでいる方で、禁酒禁断症状の期間を気にしている方は、瞑想をしてみてはいかがでしょうか。

瞑想というのは単に禁酒をすることだけではなくて、その先にある幸福の拡大にも繋がることになりますよ。

以上、禁酒禁断症状の期間に意識を向けないで!の話でした。