禁酒の禁断症状だるいを解消する方法は、瞑想がオススメ

禁酒をしている方で、だるい感じがする禁断症状が出ている方はいるでしょうか。

私も過去に禁酒をしているときには、だるい禁断症状が出てしまいスッキリするために再びビールを飲む生活に戻ることを繰り返してきました。

ビールや酒を我慢する禁断症状との戦いで、継続的に禁酒をすることは難しいと思います。

そこでオススメなのが瞑想をすることで自然と禁酒をすることが出来る方法です。

瞑想をすれば、だるい禁断症状が出ることなく自然に禁酒を継続することが可能です。

今回は、禁酒の禁断症状だるいを解消する方法は、瞑想がオススメの話をします。

禁酒の禁断症状だるいを解消する方法は、瞑想がオススメ

禁酒をして、だるい感じになる禁断症状になる方の気持ちは理解できます。

私も過去に何度も禁酒をしてきましたが、だるい感じになるので最終的には禁酒をやめて飲んでいました。

だるいなどの禁断症状が出るくらいなら、適度にビールや酒を飲む方が健康に良いと思ったほどです。

でも、適度にビールを飲むことで健康的になっていると感じても、気づくと禁酒のことなど忘れて再び酒の量は増えてしまいます。

そして、酒を飲んでの失敗を繰り返して、本当に禁酒をしたいと思う出来事があり、絶対に禁酒をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

私も同じ経験をしていますが、私が最終的に禁酒を継続することが出来た方法が瞑想です。

私は1年近く継続して禁酒を出来ていますが、だるいという禁断症状もなく気づいたら自然と禁酒を継続出来ています。

多くの方は瞑想をすることで、だるい禁断症状が出ることもなく気づいたら自然に禁酒が出来ていることに気づけると思います。

禁酒の禁断症状だるいを検討

禁酒の禁断症状の原因としては、アルコールに原因としてあると思います。

アルコールもタバコや薬物と同様に依存する性質があると感じます。

身体からアルコールがなくなるとアルコールを欲しくなって、禁酒をやめたくなるために、だるいという禁断症状を発生して酒を飲む理由と作っています。

身体からアルコールの禁断症状が抜けるまでには、人によって違いがあると思いますが、だるいなどの禁断症状が出てしまい禁断症状と戦う必要があると思います。

でも、殆どの人は禁酒の禁断症状に負けてしまうのではないでしょうか。

禁酒をすることだけでもストレスになっているのに、だるい感じの禁断症状が出てしまうなら、酒を飲んでスッキリしたいと思うことは当然のことかもしれません。

そもそも酒を飲みたいと思う方は、ストレスがあるので酒を飲んでストレス解消をしたいと思っています。

もし、酒を飲むことなくストレス解消を出来るのであれば、だるいなどの禁断症状が出ずに禁酒を継続できると思いませんか?

瞑想をすれば、禁酒を継続出来る!

私は何度も禁酒をして再び飲むことを繰り返してきましたが、最終的に禁酒を継続することが出来た方法としては、瞑想をすることでした。

瞑想をすることで、だるい感じの禁断症状が出ることもありません。

そもそも、瞑想というのは、身体と心のストレスを解消することが出来る行為です。

瞑想以上のストレス解消を出来る行為はありません。

瞑想というと宗教的なイメージを抱く方も多いと思いますが、宗教とは一切関係なしに瞑想をしている方も大勢います。

宗教的というイメージだけで莫大な効果効能がある瞑想をしないことは、大変もったいないことだと思います。

また、瞑想をすることでストレス解消が出来て禁酒も出来ることはもちろんですが、自然と運が良くなる方向に人生が進み始めます。

禁酒の禁断症状として、だるい感じがある方は、瞑想をしてみることをオススメします。

以上、禁酒の禁断症状だるいを解消する方法は、瞑想がオススメの話でした。