仕事は競争心が大事だとおもっているあなたへ もっと楽に生きる方法を知りたくありませんか

競争心を持って仕事を必死にやっているのに思うように成果が出ていない方には、もっと楽に生きる方法を知ってほしいと思います。

なぜなら、必死に仕事をすることでストレスが発生してしまうので、成果から遠ざかる可能性が高いです。

逆に楽に生きる方法をすれば、ストレスがないので仕事も自然と上手くいくようになります。

今回は、仕事は競争心が大事だとおもっているあなたへ もっと楽に生きる方法を知りたくありませんか?の話をします。

仕事は競争心が大事だとおもっているあなたへ もっと楽に生きる方法を知りたくありませんか

仕事というのは、必死にやっている方より自然に楽に生きている人の方が、上手くいっていると言えます。

仕事は、短距離競走ではなくて、長距離競走のように続けて成果が判断されるものです。

一時的に成果を出すだけなら競争心を持って仕事をすることにも価値があるように一見観えるかもしれないのですが、長い目で観るなら楽に生きる方法を選択している方の方が、良い成果を出していることは当然なことだと思いませんか。

古代インド哲学ヴェーダの知識では、この世界の全てのことを自分で創造していると伝えています。

そして、自分で創造していることに気がついていないだけとも、伝えています。

この世界の全てを自分で創造しているのであれば、競争心を持って仕事をするよりも、楽に生きる方法を選択して仕事をする方が良いことに決まっていると思います。

仕事を楽に生きる方法は、無邪気がキモ

仕事を楽に生きる方法は、無邪気というキーワードがポイントです。

無邪気というのは、結果を色々と考えたり未来を分析しないで、今だけを純粋に楽しんでいる状態です。

人生の全てを無邪気に生きることを意識することで、毎日の生活がシンプルになって、仕事も自然に良い成果が出て楽に生きることが出来ると言えます。

無邪気というのは、未来や過去でもなくて今だけを純粋に生きている状態ですが、未来や過去のことを真剣に真面目に分析して考えても価値がないことに気づいて欲しいと思っています。

仕事を楽に生きる方法は、今を生きる

極論を言うと、我々が見ている世界は全て過去とも言うことが出来ます。

なぜなら、例えば眼で見ているものは、対象の物体に反射したものを見ていることになるからです。

空に見える星も何万光年離れていて、我々が見ている星が現在は存在していない可能性があると聞いたことがある方もいますが、それと同じ話です。

そして、我々の思考という考えも認識して判断することをしていますが、対象を認識している間で思考と言うものも過去のものになっていると言えます。

古代インド哲学ヴェーダの知識では、この世界は全ては自分で創造して創り出していると伝えていますが、自分の想念が創り出しています。

想念が湧き上がる瞬間だけが現在であり、想念が湧き上がった後は過去になっています。

つまり、仕事の成果を上げたい方は、今湧き上がる想念が仕事の成果が上がる想念を出すことが必要になります。

自分の思うような想念を出す方法としては、心にストレスがない状態になっていることが必須です。

楽に生きる方法を選択することで、心にストレスがなくなり、自分の思うような想念を出すことが出来て、仕事も自然に良い方向になって楽に生きることが出来ます。

ニワトリとタマゴのどちらが先にできたのか?みたいな話ですが、この世界は全ては想念が先ですが、自分が楽に生きる想念を出そうと思えるストレスがない環境や状態を作ることは、自分の意思にかかっています。

とにかくまずは、これからの人生を楽に生きる方法にしようと思うことから始まりますよ。

以上、仕事は競争心が大事だとおもっているあなたへ もっと楽に生きる方法を知りたくありませんか?の話でした。