仕事に行きたくないから休むことは、良いこと?

仕事行きたくないから休むことは、良いことでしょうか、それとも悪いことでしょうか。

私も仕事行きたくないから休む経験は、何度もあります。

風邪とかの病気ではないけれど、仕事行きたくないときはあります。

実際に休むことをしないことを含めたら、仕事行きたくないときは数え切れないほどあります。

でも、実際に仕事を休むことにも勇気が必要です。

仕事に行きたくないから実際に休んでも、罪悪感という感覚も持ってしまいます。

仕事に行きたくないから休むことは、良いことでしょうか、それとも悪いことでしょうか。

今回は、仕事に行きたくないから休むことは、良いこと?の話をします。

仕事に行きたくないから休むことは、良いこと?

仕事行きたくないから休むことは、一概に良いことでも悪いことでも言うことが出来ません。

なぜなら、個人の個々の状況によって、休んだ方が良い場合と無理しても行った方が良い場合があると思います。

もし、心の反応だけで仕事に行きたくなく休みたい気持ちであれば、心の反応に負けないで仕事に行った方が良い場合が多いのではないでしょうか。

なぜなら、心の反応というのはコロコロ変わりやすいものです。

心の反応で右往左往していたら、自分の大切な生活の柱である仕事を棒に振ってしまう場合が多いのではないでしょうか。

私も経験がありますが、仕事に行きたくないから休むことにしようとしたけれど、やはり仕事に行ってみて休まないで良かったと思ったことは、数え切れないほどあります。

仕事に行きたくないから休むことを検討

仕事に行きたくないから休むことは、人の身体や性格の傾向としてあると思います。

良い悪いではないのですが、身体が疲れていると仕事に行きたくない休むことを考えてしまう方もいると思います。

でも、身体が疲れているからと簡単に仕事を休んでいては、大変なことになってしまいます。

ですので、身体が疲れやすく仕事に行きたくないことを考えやすい方は、日頃から休息を取るようにして仕事を休まないような生活をすることが大切なのではないでしょうか。

仕事に行きたくないから、実際に休むことをしてみると苦しくなる

私の場合ですが、仕事に行きたくないから、実際に仕事を休んでみるとあまり気分が良いものではありませんでした。

風邪などの病気で仕事を休むのであれば罪悪感がないのですが、単に仕事に行きたくないからという心の反応で休むことは、心地が良いものではありませんね。

それであれば、仕事に行って定時で帰宅した方が余程気持ちが楽だったと思います。

同じ会社で仕事に行きたくないから休むことを何度か繰り返すと、職場が向いていないと思って私は退職を繰り返してきました。

そして、仕事に行きたくない気持ちは、ひどい肩こりや頭痛が発症して本当の病気になっていくようになりました。

このような状態になったら、仕事に行きたくないから休むことは悪いとは言えないものです。

でも、仕事に行きたくないから休むという繰り返しの人生をやめたいですよね。

自分の純粋な思いを生きるしかない

私の場合ですが、会社員のときには仕事に行きたくないから休むことを度々考えていましたが、会社員をやめてからは仕事に行きたくないから休むことを考えることはなくなりました。

人には色々な体質や性格の特性があります。

何が良いとか悪いとかなくて、人それぞれの多様性があることになりますが、もし仕事に行きたくないから休むことを繰り返している方は、自分の体質や特性を活かせる仕事やライフスタイルを活かすようにすることが良いと思います。

自分の純粋な思いを生きることに始めは勇気が必要ですが、純粋な思いを生きようと思えば現実にそうなると、古代インド哲学ヴェーダの知識では伝えていますよ。

以上、仕事に行きたくないから休むことは、良いこと?の話でした。