就職活動

適正診断で就職先を決めない方が幸福になる

投稿日:

適正診断で就職先を決めない方が幸福になります。

それは、就職する人にとっても採用する企業にとっても適正診断テストの結果を参考にしない方が良いということです。

なぜなら、適正診断というのは、あまり当てにならないからです。

適正診断テストというのは、心理学をベースに作られているので科学的と考える方が多いのですが、実際に1000名以上の適正診断テストの結果と実際の人物を照らし合わせたときに、適正診断テストというのは当てにならないことを私は経験しています。

企業の採用担当者としては、採用でのミスマッチや問題があると自分の責任になるので、適正診断テストを採用することで自分の責任ではないようにする部分があることが本音だと思います。

そして、新卒で就職活動している方は、自分に向いている仕事が分からないために適正診断テストの結果を信じて就職先を選びますが、本当に大切なことは適正診断テストの結果よりも、自分も思いで就職先を選ぶことが正しい選択です。

今回は、適正診断で就職先を決めない方が幸福になる話をします。

適正診断 就職イメージ画像

適正診断で就職先を決めない方が幸福になる

これから就職活動する学生の方は、適正診断テストを受けて自分のことを自己分析しようとするでしょうね。

学校の就職指導でも自己分析をするように言われるかもしれません。

自分の長所や短所を考えたり、今までの人生を振り返り色々なことを考えるでしょう。

でも、人が生きる上で一番大切なことは、自分の純粋な思いの活動をすることが一番大切なことです。

なぜなら、自分の純粋な思いの活動をしているときが、最も幸福感を感じることが出来て、自然に楽に生きることが出来るからです。

このことは、遊びでも結婚でも全てに共通していることですが、仕事というのは人生の大部分を占めるものです。

就職先によって人生が大きく変わる場合がありますが、純粋な思いで就職先を選び純粋な思いで働くことが、人として生きる基本的なことになります。

ですので、適正診断の結果で就職先を選ぶことは、とてもナンセンスなことでしょう。

就職先には夢や希望が必要

私が適正診断テストを受けたのは中学生のときでしたが、ホテルマンが適職として向いていると適正診断テストの結果に記載されていました。

私は、ホテルマンになりたいと全く思っていなくて別の夢がありましたが、適正診断テストの結果を知って夢が叶わないのか?と思ってしまうこともありました。

私が大学を卒業するときには就職氷河期世代でしたが、どこでも良いから就職出来れば良いと思って就職活動をしていて、就職先を選ぶことなんて考えることが出来ませんでした。

適正診断テストの適職も自分の純粋な思いもなく、ただ単に就職することだけを考えて就職先を選びました。

就職出来たときには、嬉しい気持ちでしたが、実際に仕事をすると同じことを繰り返すだけのルーチンワークで、10年後20年後、そして定年までの人生が見えるような気がして悲しくなりました。

輝くような未来が観えれば良かったのですが、今の仕事を繰り返すだけの未来しか感じることが出来ませんでした。

そのような理由で8ヶ月ぐらいで新卒の会社を退職してしまいました。

新卒の就職先を8ヶ月で退職することは、根性がない人と思われる方も多いと思いますが、私は大学時代には1つだけのバイト先を4年間継続して働きました。

バイト先からも社員になることを言われましたが、根性がないということではないと思っています。

バイトだと仕事に夢や希望というよりも、楽な仕事でお金を稼ぐだけで満足出来るのですが、就職というとお金を稼ぐだけでは満足することが出来ませんでした。

就職先とは、自分が幸福になるために存在する

仕事をすることで、自分の内側にある能力を外側に現れことの喜びというものを感じたいために就職先があると思います。

適正診断でも自分の能力を知ることが出来ると思う方もいますが、自分の内側にある能力というのは、現状の自分が出来る出来ないとか関わらずに、自分がどうしたい!という純粋な思いが1番大切なことです。

現状の自分にはない能力でも、自分が望むのであれば、行動をして学ぶことで能力を得ることも充分に可能なことでしょう。

それには、自分の純粋な思いというものが、どうしても必要になります。

自分の内側に純粋な思いがないものを就職先に選んで仕事をすることは、お金を稼ぐことだけの人生になり、そこに喜びというものがありません。

仕事というのは、自分の純粋な思いを外側に表現して喜びを感じた結果として、お金も稼げるというのが本当のあるべき姿です。

自分の内側にある純粋な思いを外側に表現することへの恐怖を感じる方も多いと思います。

なぜなら、本当の自分を出して失敗したら辛いことだと思っているからです。

でも、実は本当の自分を出したら失敗することなく成功しかありません。

そして、本当の自分を出すからこそ、あなたの幸福が拡大することが出来て、仕事も楽しくお金も稼ぐことが出来るのです。

適正診断で就職先を検討しないことが良いことを、おわかり頂けでしょうか。

以上、適正診断で就職先を決めない方が幸福になる話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-就職活動
-,

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.