生きていくのが辛くて苦しい人へ

人はなぜアルコール依存症に陥るのか、改善する方法は身体の健康にある

投稿日:

ヤフーニュースの記事で「人はなぜアルコール依存症に陥るのか」という記事がありました。

記事内容では、誰でもアルコール依存症になる可能性があると伝えていましたが、確かに一歩間違えれば誰でもアルコール依存症になると思います。

私も大学生時代から毎日ビールを飲酒して寝る習慣を始めて約20年近くの間、ほぼ毎日アルコールを飲酒していました。

当時の私は自分ではアルコール依存症とは思っていませんでしたが、アルコールを辞めている今では明らかにアルコール依存症だと思います。

アルコールを昼には飲まなくて夜だけ飲むのであれば、依存症ではないと考える方は多いと思いますが、アルコールを飲酒しないと眠れないと感じたり落ち着かないと感じるのであれば、充分にアルコール依存症と言っても良いのではないでしょうか。

アルコール依存症のことを心配して禁酒をする方は多いですが、実際に禁酒を継続することが出来ない方が殆どだと思います。

私も健康診断の結果で尿酸値が高く痛風気味になっていたり脂肪肝になっていたので、アルコールを我慢する禁酒を何度も試みましたが、数日間は禁酒をすることは出来ましたが、長期的に禁酒をすることが出来ませんでした。

でも、アルコールを我慢する禁酒方法から、身体の健康にすることで不安な気持ちを解消することが出来て、アルコールに頼らないでストレス解消が出来るようになり、禁酒を継続することが出来るようになりました。

つまり、身体を健康にすることで不安な気持ちを発生させないで、アルコールに頼ることが不要になったということです。

身体の健康というのは、心に大きな影響を与えています。

アルコール依存症イメージ画像

人はなぜアルコール依存症に陥るのか

毎晩アルコールを飲む方というのは、お酒を美味しいから飲むというよりも、アルコールを飲むことで酔えることでリラックス出来るのでアルコールを飲むという方が殆どだと思います。

最近では、アルコール度数の高いサワーやビールが販売されていますが、なるべく安上がりに酔いたいという気持ちが毎晩飲酒する方の気持ちですね。

そして、酔いたいという気持ちの奥には、日常生活で偽りの仮面を付けている自分から解放されて、本来の自分の心を取り戻したい気持ちがあります。

もし、日常生活で幸福感で満ち足りている生活をしているのであれば、アルコールを飲みたいという気持ちにはならないでしょう。

心にストレスがあるからこそ、アルコールを飲みたい気持ちになってしまいます。

ですので、アルコール依存症にならないためにアルコールを我慢する禁酒をしようとするよりも、心のストレスを解消することを意識することが大切なポイントです。

心のストレスを解消するためにアルコールを飲む方が多いのですが、それでは身体に負担を与えてしまうので、更に心のストレスが増えてアルコールの摂取量が増えて、どんどん飲酒量が増えるようになりアルコール依存症になってしまいます。

心のストレス解消は、アルコールを飲酒する方法ではなくて、違う方法で心のストレスを解消することが必要と言えます。

心のストレス解消をマインドで解消してはいけない

心のストレス解消を自己啓発のような精神論的なもので解消しようとしてはいけません。

なぜなら、心のストレスを自己啓発のような精神論で解消することは、マンホールの蓋に乗りながらマンホールの蓋を開けるようなことをしています。

つまり、心に乗りながら心を問題を解消をすることが出来ないということです。

心のストレス解消は、身体の健康を目指すことにありますが、身体の健康というのは物理的なことです。

身体を健康にするためには、栄養のある食べ物を食べることや充分な睡眠時間を取ることや、激しい運動をしないことや身体を疲れないようにすることなど色々とありますが、全ては身体という物理的なものを整えることで心にストレスというものが発生しなくなり、不安な気持ちが発生することがなくなります。

つまり、心の不安というのは、全てが身体という物理的なものの影響を受けて不安を発生させて心が感じているということです。

そして、身体が完璧な健康であれば、心というものは不安な気持ちというのは感じないようになっているとも言うことが出来ます。

身体が完璧な健康であって心の不安が一切ない方が、アルコールを自ら好んで飲むことはないでしょう。

なぜなら、アルコール飲酒を少し飲んだら、アルコールを美味しいと思うはずがないからです。

少量のアルコールなら百薬の長みたいな話がありますが、少量のアルコールでも神経系統に負担を与える毒なので、完璧な健康の方がアルコール飲酒を美味しいと思う方はいないでしょう。

例えば、ビールであればストレスがある人こそ、ビールの苦味を感じないで水のようにビールを飲んでしまいますが、ストレスがある方というのは神経系統が弱っているとも言えます。

人はなぜアルコール依存症に陥るのかをまとめると、身体が不健康な状態にあるので心が不安になり、不安な気持ちから逃れるためにアルコールを飲みますが更に身体が不健康になりアルコール依存症になります。

アルコール依存症にならないためには、物理的な身体の健康を目指す生活習慣をすることで、自然とアルコール依存症とは無関係な幸福感を感じる生活をすることが出来るでしょう。

以上、人はなぜアルコール依存症に陥るのか、改善する方法は身体の健康にある話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-生きていくのが辛くて苦しい人へ
-

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.