就職活動

30代転職で未経験の年収はいくら?を気にするより、成功する転職の方法が大切

投稿日:

30代転職で未経験の年収が気になる方は、いるでしょうか。

これから転職を検討している30代の方は多いと思いますが、未経験の仕事に転職する方が多いのも30代の特徴です。

正社員として働くことを考えると、未経験の転職では30代がギリギリのラインだと言えます。

また、30代より年齢が上になると年収が減る傾向が多いですが、未経験だと採用されることも少ないですね。

私も30代のときに未経験の仕事に転職をすることが出来ましたが、年収としては前職より増えて転職することが出来て、転職で成功したと感じています。

今回は、30代転職で未経験の年収はいくら?を気にするより、成功する転職の方法が大切の話をします。

 

30代転職で未経験の年収はいくら?

30代転職で未経験の年収というのは、職種や経歴などで大きく変わるので一概に言えないものですが、私が30代になって未経験の職種に転職したときには、月給が税込み26万円でボーナスを含めると、年収だと360万円ぐらいになりました。

また、30代後半でも未経験の仕事に転職をしたことがありますが、月給が税込み30万円でボーナスがなかったのですが、年収だと360万円になります。

つまり、未経験の転職では年収が360万円と言うことが出来ます。

もちろん、高学歴な方や職種や経歴によっては、未経験でも年収800万円以上の転職というのもあるとは思いますが、普通の方は360万円ぐらいが限度と考えて良いと思います。

30代転職で未経験の年収を検討

30代転職で未経験の年収を360万円と伝えましたが、もっと年収が低い方は多いと思います。

正社員や契約社員の雇用契約や保険の有無により年収の違いがありますが、年収が200万円ぐらいという方もいると思います。

特に未経験と言うと、希望の職種のために年収が少なくても仕方がないと考える場合もあります。

社会人になると年齢での年収の違いはないので、30代も20代でも年収が変わらない場合も多いですね。

でも、30代の未経験の転職で年収が少ないとしても、本当に自分にあっている仕事であれば、年収の低さで悩むことはないと思います。

私も30代の未経験転職で年収が少ないと思いましたが、1年後には年収は100万円以上昇給されていました。

正社員で転職するには、30代というのがリミットと考えられていますが、自分にあった仕事での転職であれば、未経験の仕事でもチャレンジする価値は十分にあると思いますよ。

未経験で成功する転職とは?

正社員を希望する未経験の転職としては、30代がリミットの年代だと言えますが、年収だけを考えて転職することは辞めた方が良いと思います。

未経験の転職でも年収が高い転職先としては、営業職の転職がありますが、ある意味使い捨ての部分があるので一見給料が高いように見えても、実際に継続して働き続けることが出来る方は、少ないと感じます。

逆に年収は高くはないけれど、自分にあった仕事でストレスを感じなく働くことが出来るのであれば、長い目で見ると将来的に高い年収になることも期待出来ると思います。

30代から40代での転職となると年収は減ることは多いですし、40代になると未経験での転職の門がグッと狭くなります。

ましてや、40代で未経験での正社員の転職というのは、ほぼないと考えた方が良いと思います。

ですので、30代転職というのは、今後の人生を大きく左右する転職になるのですが、年収だけで判断して転職すると後悔する可能性が高まるので注意が必要ですね。

未経験の転職では、イメージで転職先を決めないで!

30代未経験の転職では、年収だけで転職先を選ばないようにした方が良いことを伝えましたが、イメージだけで転職先を選ぶことも大変注意した方が良いです。

私も20代から30代の間で色々な会社に転職して来ましたが、未経験の場合で仕事へのイメージだけで転職する方がいるのですが、そのような場合では仕事への不一致感があって、退職する方が多いので注意が必要です。

例えば、私はIT関係のテクニカル系のコールセンターで働いていたことがあるのですが、トラックやタクシーの運転手から転職する方が多くいました。

IT系の仕事への憧れから転職するのですが、実際に働いてみるとイメージとは違い、再び元の仕事へ転職する方が多かったです。

30代という年代は、正社員で働くための最後の年代とも言えますが、転職で失敗すると今後の年収が増えることもなくなりますし、転職を繰り返す人生になる可能性も高くなります。

30代で未経験の仕事に転職する方は、とても慎重に検討した方が良いと思いますよ。

実は、私は30歳になったときに電気設備設計の仕事を正社員で働いていたのですが、仕事の忙しさと適正を考えてピアノ調律師になろうと思って退職した経験があります。

電気設備の仕事では、休日出勤や残業が当たり前のようにあり年収としては同世代よりも多く、年収のことには全く不満がなかったのですが、仕事へのやりがいと考えて、未経験のピアノ調律師になる夢を求めてしまいました。

ピアノ調律師になるために専門学校に通い、同時にピアノ買取の会社でバイトで働くようになるのですが、ピアノ調律師という仕事への現実を知ることで半年ぐらいで学校もバイトも辞めてしまいました。

それから、正社員として働くまで色々な会社を転々とする人生を過ごすようになったのですが、イメージだけで転職することはリスクが高いですね。

以上、30代転職で未経験の年収はいくら?を気にするより、成功する転職の方法が大切の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-就職活動
-, , ,

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.