生きていくのが辛くて苦しい人へ

劣等感とは何か、単なる過去の記憶

投稿日:

劣等感とは何か気になる方は、いるでしょうか。

古代インド哲学ヴェーダの知識から考えてみると、劣等感とは過去の記憶だと言えます。

過去の記憶があるから、劣等感を感じてしまいます。

つまり、過去の記憶がなければ、劣等感を感じることがないと言えます。

今回は、劣等感とは何か、単なる過去の記憶の話をします。

劣等感とは何か、単なる過去の記憶

劣等感とは何かと言えば、単なる過去の記憶だと言うことが出来ます。

そして、劣等感とは過去の記憶なので、劣等感で悩み苦しむ必要がないとも言えます。

人というのは、過去の記憶によって色々な価値観を持つようになっています。

天命というのも、過去の記憶によって作られていますが、記憶の影響というのは、とても莫大なものです。

完全に過去の記憶の影響を受けなくなった人というのは、悟りを得た方とヴェーダの知識では伝えていますが、過去の記憶の影響をなくすことは、人間の最終的なゴールとも言うことが出来ます。

全ての過去の記憶の影響を受けないようにするには、大変なことですが、劣等感と言うマイナスな記憶の影響をなくすことは、それほど難しいことではないと思います。

劣等感とは何かを知ったら、あとは身体の健康を目指しましょう

劣等感とは、過去の記憶であることを伝えましたが、どのようにしたら過去の記憶の影響を受けなくすることが出来るのでしょうか。

ヴェーダの知識では、浄化と表現していますが、記憶というものが自分に影響を与えないようにすることは可能です。

過去の記憶の影響を受けなくすることは、実は身体という物理的なものの影響で過去の記憶の影響を受けてしまいます。

もっとわかりやすく言うなら、身体が不健康な状態なので、劣等感を感じると言うことが出来ます。

逆に言うなら、身体が完全な健康であれば、劣等感を感じることがありません。

劣等感とは、過去の記憶なので、過去の記憶を書き換えるような心理学や催眠療法的なものもありますが、私も色々試してみましたが、身体の健康を求めることで劣等感と言うものが自然に解消することが出来ました。

過去の記憶というものは、心の働きですが、心理学や催眠療法というのは、心で心を改善する方法です。

上記のことは、ヴェーダの知識では、マンホールの蓋に乗りながら、マンホールの蓋を交換するようなことと表現しますが、無理なことだと言えますね。

それよりも、過去の記憶というのは心の働きですが、心というのは身体と言う物理的なものと、相互に影響を与えています。

身体が疲労で疲れていれば、心も疲労してしまいますし、心が疲労で疲れていれば、身体も疲れてしまいます。

でも、まずは身体という物理的なものを健康な状態にすることで、心の疲労も解消することが可能です。

劣等感がなくなると、どうなる?

劣等感がなくなる状態というのは、身体も心も健康な状態と言うことが出来ますが、劣等感がなくなると、それだけで幸福感を感じることが出来るようになります。

一般的には、人は何かの出来事がないと幸福感を感じることが出来ないと考える方が多いのですが、ヴェーダの知識では人というのは、何かの出来事がなくても、そのままの状態で幸福感を感じるものだと伝えています。

過去の記憶の影響によって、劣等感を感じて幸福感を感じることが出来ない人生を過ごすことは、とても勿体ないことです。

劣等感とは、単なる過去の記憶なので、そんなものに影響を受けるよりも、これからの人生を楽しく幸福感を感じる人生を過ごすことを選択した方が良いと思いませんか。

以上、劣等感とは何か、単なる過去の記憶の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-生きていくのが辛くて苦しい人へ
-

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.