コラム

ヴェーダの知識が伝える豊かさとは何か?本の内容とは違う話

投稿日:

「豊かさとは何か」という本があるようですが、私は本の内容を読んでいないですが、古代インド哲学ヴェーダの知識には豊かさとは何かを絶対間違いない立場から伝えられています。

一般的に豊かさとは何かを考えると、抽象的な精神論のスピリチュアル的な方向で考える傾向がありますが、ヴェーダの知識では精神論ではなくて心と脳を物理的なものとして捉えた内容で説明しています。

「豊かさとは何か」という本を読んでも内容がイマイチと感じる方には、ヴェーダの知識は、より具体的なものとして感じると思います。

今回は、ヴェーダの知識が伝える豊かさとは何か?本の内容とは違う話をします。

豊かさとは何か 内容イメージ画像

ヴェーダの知識が伝える豊かさとは何か?本の内容とは違う

ヴェーダの知識が伝える豊かさとは何か?ですが、幸福の拡大を豊かさとして伝えています。

結婚することやマイホームを購入することも幸福なことですが、結婚もマイホームも購入しても数年経過すると豊かさが当たり前に感じてしまうものです。

ヴェーダの知識が伝える豊かさとは、もっと大きな豊かさで常に新鮮であり無限であり永遠に感じ続けることが出来る幸福であるものを豊かさとして表現しています。

ですので、お金持ちであることが豊かさでもありませんし、色々な経験をして人生経験が豊富なことも豊かさではありません。

ヴェーダの知識では、我々が生きている世界を相対的な世界と定義しています。

相対的な世界とは、お金持ちもいれば貧しい方もいて、戦争もあれば平和な世界もあるというプラスな面もマイナスな面が相対的にある世界です。

男女についても相対的なものですね。

そして実は、ヴェーダの知識では相対的な世界には、真の豊かさがないと伝えています。

永遠に変わることが出来ない豊かさとは、相対的な世界を作っている場所に行くことが必要であるとヴェーダの知識の内容には記載されています。

それは言葉という相対的な世界では表現や認識することが出来ないものなので、瞑想をして体験することが必要であると言われています。

瞑想体験を通じて本当の豊かさ何かという内容を言葉ではなくて感じることが出来て、更に進むなら豊かさとは何かを実際に観ることが出来ると伝えています。

豊かさとは何か?本の内容を検討

私は「豊かさとは何か」という本の内容を読んでいないのですが、著者が瞑想をして実際に豊かさ何かを観た経験があれば、ヴェーダの知識が伝える絶対的なものだと思います。

それは、絶対的なものなので、豊かさとは何かを知りたい方には価値ある内容です。

つまり、豊かさとは何かを相対的な世界で幾ら思考で考えても、それは絶対的なものではなくて真実でないとヴェーダの知識は伝えています。

相対的な世界の個人の思考という考えは、その人本人が考える主観的な体験の話です。

人には主観的な価値観がありますが、相対的な世界というのはそのようなもので何が正しいというものはありませんね。

でも、相対的な世界を超えた場所には絶対的な立場で伝えることが出来るものがあります。

豊かさとは何かを相対の場所だけで思考して考えるよりも、まずは絶対的な場所を体験することで、間違いない真実の豊かさとは何かを知ることが出来るとヴェーダの知識では伝えています。

私は「豊かさ何か」という本の内容を読んでいないので、下手なことを言っては良くないと思いますが、ヴェーダの知識が伝える絶対間違いない豊かさ何かを知ることは大切だと思いますよ。

※ヴェーダの知識や瞑想についての話をすると宗教的なものだと感じる方もいると思います。
でも、私は宗教とは関係なしに現実にあるものを伝えるヴェーダの知識は、本当のことを伝えていると感じています。

以上、ヴェーダの知識が伝える豊かさとは何か?本の内容とは違う話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-コラム
-,

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.