小論文で自分らしさとは?を書くなら

小論文で自分らしさとは?を書くことに悩んでいる方は、いるでしょうか?

大学の入試や就職試験の小論文として、自分らしさとは?という内容で小論文を書くこと可能性はあります。

でも、小論文で自分らしさとは?を書くことに何を書いて良いのか悩む方は多いですね。

小論文で自分らしさとは?を書くには、どうしたら良いのでしょうか。

今回は、小論文で自分らしさとは?を書くならの話をします。

小論文で自分らしさとは?を書くなら

小論文で自分らしさとは?を書くなら、正直に書いた方が良いと思います。

自分らしさとは?が分からないのであれば、分からないことを説明や経験と合わせて書くことが良いです。

間違っても、自分らしさとは?をわかったつもりで書かない方が良いですね。

なぜなら、小論文で自分らしさとは?を採点する側も、自分らしさとは?を分からない方が多いからです。

大人になって社会で何年働いても、精神的な成長をするとは限りません。

企業や大学で上の立場である人であっても、自分らしさとは?わからないまま生きている場合が多いと感じます。

私がNLPのセミナーに参加しているときには、企業の創業者である経営者の方が参加していましたが、自分らしさとは?何かを求めて参加していました。

また、私が会社員時代に新卒採用として小論文の議題を決めて採点をする立場でしたが、自分でも確かな答えが分からないことを議題にしていました。

もし、学生の方が何かの本の内容を読んでパクったような内容で知ったかぶった内容の小論文を書いたとしたら、評価としてはあまり良くないです。

それよりも、学生の立場として正直にありのままで自分らしさとは?について考えて書いている小論文の方が、遥かに印象が良いですね。

小論文で自分らしさとは?を検討

小論文で自分らしさとは?を書く場合には、知ったかぶりをしないでありのままで考える自分らしさを伝えることが必要です。

古代インド哲学のヴェーダの知識では、自分らしさとは?について明確に定義されています。

ヴェーダの知識が伝える自分らしさとは?要約すると、ありのままの自分になります。

つまり、偽りの自分でないことです。

そして、心の底から思うことが出来る、純粋な思いが自分らしさとも言えます。

どんな人でも純粋な思いを叶えるために生まれて来ているとヴェーダの知識では伝えています。

純粋な思いを叶える行動をしていたら、自然と自分らしい行動をしていることになります。

例えば、歌手の方は歌で人を感動を与えることが純粋な思いとして生まれて来ている方が多いです。

そして、歌手の方は人に感動を与えたいと思い活動しますが、それがその歌手にとって一番自分らしい行為です。

芸能人になって、お金持ちになって人気者になりたいと思って活動するなら、それは純粋な思いではなくて自分らしさとは違う行動になりますね。

ヴェーダの知識では、人は天命(ダルマ)に沿って生きるときが、最小の努力で成功することが出来ると伝えています。

なぜなら、天命(ダルマ)をするために生まれて来ているので、当たり前のことです。

そして、天命(ダルマ)をしているときが一番自分らしさを生きているときなので、誰しもが天命(ダルマ)に沿って生きることが一番良いと言えます。

大人も知らない自分らしさとは?

小論文で自分らしさとは?を書く理由としては、大人も自分らしさについて分かっていないし、更には自分らしく生きていないので、小論文で自分らしさとは?という内容を書かせているのでは?と思ってしまいます。

学生の方からみると、大学教授や企業の人というのは大人に思えるかもしれないですが、実は何も知らないで迷いながら生きている方も多いです。

もちろん、仕事としては仕事が出来る方は多いです。

でも、自分らしさとは?を分かり、そして自分らしく生きている方は、ほんの少ししかいないと思います。

自分らしさとは?を知識として理解して、そして自分らしく生きることは、小論文を書くこと以上に大切なことですね。

以上、小論文で自分らしさとは?を書くならの話でした。