心が弱い原因は、実は寝不足が原因

自分の心が弱い原因が気になる方は、いるでしょうか?

心が弱いのは病気ではないけれど、ふとしたことで落ち込みやすい方は原因が気になりますよね。

私も心が弱いので気持ちが分かりますが、自分の性格の原因かなと思っていました。

でも実は、自分の心の癖ではなくて単なる寝不足からの疲れで心が弱いことになっている場合が多いのです。

今回は、心が弱い原因は、実は寝不足が原因の話をします。

心が弱い原因は、実は寝不足が原因

心が弱いと感じている方は、多いと思います。

ちょっとしたことで落ち込みやすいのですが、特に落ち込む原因がなくても落ち込む心のときはありますよね。

私も心が弱いと感じているのですが、心が弱い性格なのかな?と思う時期が長かったのです。

でも、アーユルヴェーダの医師の話を聞いて納得できたのですが、単なる寝不足の疲れが原因で心が弱いことを感じていることに気づきました。

ですので心が弱いと感じたときには、単なる寝不足が原因と理解して夜は早く寝ることが一番ということです。

決して心が弱い自分を攻めたり、心が弱くなる原因を追求しないことも大切ですね。

心が弱い原因を検討

インド占星術ジョーティッシュの知識として、月が傷ついていると心が弱いと言われています。

私の場合も月が傷ついているので心が弱いと理解していたのですが、アーユルヴェーダの医師の話では睡眠不足を改善すれば、心が弱い原因を解消出来ると言われました。

心が弱い原因を自分の性格や体質としてしまうと改善することは難しいですが、単なる寝不足の疲れによることで心が弱くなるのであれば、心が弱いことを改善することは簡単なことですよね。

風邪になったときでも薬を飲むよりも睡眠をした方が良いという話がありますが、睡眠不足が原因で身体や心に色々な悪い影響を与えるということになります。

つまり、睡眠不足は万病の元とも言うことができますね。

心が強くなる理想な睡眠方法は?

心が弱くならないように睡眠不足を解消する必要がありますが、アーユルヴェーダの知識では夜は22時までに就寝することが必要だと言われています。

会社勤めをしていると平日に22時に就寝することが難しいという方もいるかもしれませんが、出来る限り早寝が出来るように意識したいものです。

夜にアルコール飲料を飲むと睡眠の質が悪くなる話は有名ですが、就寝前に見るテレビでも睡眠の質が悪くなるとも言われています。

また、テレビ同様にスマホでLINE等などもすることも目に負担を与えるという話もあります。

つまり、古代インド哲学ヴェーダの知識では、電気が発明される以前のような夜になると暗く何もすることが出来ないので、寝るしかない生活が理想的な睡眠不足解消の生活とも言えますね。

でも、実際には太陽が沈むと同時に寝る生活というのは出来ないので、心が弱いと感じたときだけでも早寝をしたいものです。

心が弱い原因を理解することで安心

心が弱いと感じている方は、小さい頃から心が弱いと感じて大人になっても心が弱いと感じている方が多いと思います。

自分の性格は心が弱いと感じて、明るくなろうとして自己啓発本や自己啓発セミナーに参加する方も多いですね。

でも、実は心が弱いと感じる原因は、単なる睡眠不足であれば解消することはとても簡単なことです。

体質によって睡眠の質が悪いという方はいます。

ですので子供の頃から大人になっても、他の方よりも心が弱いと感じている方は、睡眠の質を意識して生活をすることが必要です。

中には早寝をしたいけれど目が覚めて早寝が出来ないという人もいると思います。

そのような方は、夕方から早寝が出来るように落ち着いたゆっくりとした生活習慣をすることが必要になります。

それでも、まずは心が弱い原因は寝不足と理解して早寝をすれば解消出来ると思えば、今までのあなたの弱い心は大きく変わりますよ。

以上、心が弱い原因は、実は寝不足が原因の話でした。