精神的に心が弱い特徴とは?

精神的に心が弱い特徴について気になる方は、いるでしょうか?

自分のことが精神的に心が弱いと感じている方は、特徴が気になりますよね。

でも、心というものは現在の科学でも良く分からないものだと感じます。

逆に古代インド哲学ヴェーダの知識では、心というものについて詳細に解明されています。

精神的に心が弱い特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

今回は、精神的に心が弱い特徴とは?の話をします。

精神的に心が弱い特徴とは?

精神的に心が弱い特徴とは、一般的にどのように考えられているのでしょうか。

私が会社員のときには、うつ病を気にして病院に訪れたことがありましたが、心理テストのようなアンケート調査があり心が弱いか判断しているようでしたが、そもそも心理テストのようなもので心が弱い特徴が判断できるのか疑問です。偽りの自分の心がアンケートに答えるので、自分の心次第でアンケート結果が変わります。

また、精神科では血液検査をするクリニックもあったと記憶していますが、病気について発見できますが病気までなっていない精神的に心が弱いことを特徴として判断できるのかは不明です。

私がアーユルヴェーダを専門にしている医師のクリニックに訪れたときには、手首の脈を診断することが色々なことが分かると言われ、精神的に心が弱い特徴として脈に現れることを伝えられました。

そして、心が弱い特徴を改善するために胸のピッチタラナという半身浴をしながら胸を温めるアーユルヴェーダの施術をするよう言われました。

心臓の部分を温めることで、心が弱い特徴が改善するということで、心と心臓は漢字も同じですが医学的にも一体になっていると知りました。

心が弱い特徴を検討

アーユルヴェーダの医師から胸のピッチタラナという半身浴をしながら、胸の部分に温めたガーゼを置くことを自宅でするのですが、心が弱いときには心が冷たく冷えているので、温めたガーゼが直ぐに冷たくなってしまいます。

でも、胸のピッチタラナを長期間することで、心が弱い特徴で心が冷たいことが改善されて、温めたガーゼも当初よりは冷たくならないようになっていることに気づきます。

冷たい人のことを心が冷たいとも言いますが、実際に心が冷たい特徴の人というのは、心が弱い人だと言えます。

つまり、心が冷たくで心が弱いので逆に心を温めることで、心が冷たい人から心が温かい人になり優しい人になることが出来ます。

心が弱い特徴が出ると、記憶力が悪くなる

私がアーユルヴェーダの医師から心が弱いと言われたときには、心が弱い特徴として記憶力が落ちることを言われました。

確かに心が弱いと感じるようになってから、記憶力が落ちて色々な新しいことがらを覚えることが難しくなっていました。

年齢が40歳を過ぎたので、物覚えが悪くなったのかな?と思っていたのですが、実は心が弱い特徴でした。

また、心が弱い特徴として願望実現も出来なくなると言われました。

実は、願望実現をするためには、心が正常に働いていることが必要です。

心が思った願望実現を実際に現実のものにするために手足を動かして、現実のものにしているとも言えます。

精神的に心が弱いと感じている方の対処方法

心が弱いと感じている方は、専門の医師での診断は必須です。

でも、医者に行くまでではないが、少し心が弱いことが気になるという方も多いと思います。

長期的ではなく最近心が弱いと感じているときには、単なる身体の疲れから心が弱いと感じている場合も多いです。

ですので、心が弱いと感じているときには充分な睡眠をすることが特効薬となります。

心が弱いからと栄養ドリンク剤を飲んだり、自己啓発セミナーに参加するよりも、充分な睡眠を取るように毎晩22時に寝るようにするだけでも、心が弱い特徴を改善できる可能性が高いです。

つまり、精神的に心が弱いと感じている方は、実は単なる身体の睡眠不足という疲れの場合もありますよ。

以上、精神的に心が弱い特徴とは?の話でした。