人の気持ち

ヴェーダの知識が伝える人の気持ちを考える方法とは?

投稿日:

人の気持を考える方法が気になる方は、いるでしょうか?

人の気持が分かるようになりたいと考える方は多いですが、どのようにしたら人の気持が分かるようになるのでしょうか。

一般的には人の気持を考える方法として、相手の気持ちを思いやると言われていますが、それで納得できない方も多いのではないでしょうか。

古代インド哲学のヴェーダの知識では、人の気持を考える方法についてもヒントに繋がる知識があります。

今回は、ヴェーダの知識が伝える人の気持ちを考える方法とは?の話をします。

ヴェーダの知識が伝える人の気持ちを考える方法とは?

古代インド哲学ヴェーダの知識が伝える人の気持を考える方法ですが、ヴェーダの知識では人の気持というのは本人の主観的な部分になるので、他人が本人の気持を知ることが出来ないと伝えられています。

でも、実際にはヴェーダの知識を極めている方は、人の気持を理解することが出来ます。

そして、人の気持を考える方法を知っています。

人の気持を考える方法を理解している方で有名な方というとお釈迦様がいると思います。

お釈迦様は、人の気持を考えて回答をするのですが、目先の問題だけではなくて、本人の関係するすべての人のことも考慮して一番ベストな回答をすることが出来ると言われています。

では、お釈迦様は人の気持を考える方法として、どのようなことをしているのでしょうか?

人の気持ちを考える方法を検討

人の気持を考える方法として、ヴェーダの知識では直接の知識はないと認識しています。

もしかしたらあるのかもしれないですが、私が知らないだけかもしれません。

ヴェーダの知識では、人の気持を考える方法以前に本当の自分の気持を知ることについて色々と記載されています。

人の気持を考える前に自分の本当の気持ちを知っている必要があると考えています。

ヴェーダの知識では、人は偽りの自分で生きていると伝えています。

つまり、人の気持を考える前に本当の自分に気づくことが大切なことです。

考えてみると、偽りの自分ではない本当の自分の気持を知らないで、他者の人の気持を考えることは出来ないかもしれません。

ヴェーダの知識が伝える人の気持ちとは?

人の気持ちとは、心のことになりますが、人の気持というのは主観的で本人しか分からないものだとヴェーダの知識では伝えています。

主観的ということは、客観的なものではないので本人しか分かることが出来ないものです。

そして、主観的なものだからこそ、心のことを幻想とか妄想、もしくは心なんて存在しないものだと表現する方もいます。

お釈迦様のように悟りを開いた方にとっては、心というのは存在しない幻のように思えたと思います。

なぜなら、悟りを開くと一切の苦がなくなると言われていますが、苦がないということは心で悩むことがないことです。

自分の心が存在しないと理解することができれば他者の心も自分の心と同様に思い、人の気持も自分の気持のように思うことが出来ると言えます。

人の気持ちを考えるより自分の気持ちを知る

ヴェーダの知識では、人の気持を考えるよりもまずは自分の気持ちという心を知ることを優先するように伝えています。

これからは私の考えですが、自分の気持ちである心を知ることが出来たときには、他者の人の気持ちを考えることなく自然に知ることが出来ると思います。

自分の気持ちという心を知ることが出来たら、自分自身が幸せで満ち足りた心の気持ちになると想像できます。

そうしたら、本当の意味で人に優しく愛を持って対応できるのではないでしょうか?

人に優しく愛を持って対応するには、まずは自分が愛で満ち足りている気持ちであることが必要だと思います。

人の気持ちを考える方法も大切ですが、それ以前に自分の気持ちを愛で満ち足りるようにすることが必要ですね。

以上、ヴェーダの知識が伝える人の気持ちを考える方法とは?の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-人の気持ち
-

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.