成功法則は科学的によりも、ヴェーダの知識なら簡単

成功法則を科学的にどうなのか?気になる方はいるでしょうか?

成功法則は色々なものがありますが、実際に成功法則を実践して成功している方はいるのか気になりますね。

成功法則は科学的かどうか疑問はありますが、古代インド哲学のヴェーダの知識では成功法則として、とても自然的なものがあります。

今回は、成功法則は科学的によりも、ヴェーダの知識なら簡単の話をします。

成功法則は科学的によりも、ヴェーダの知識なら簡単

成功法則を科学的に検討するよりも、ヴェーダの知識では絶対的な立場で成功法則が記載されています。

ヴェーダの知識が伝える成功法則というのは、純粋な思いを生きることです。

人は純粋な思いを叶えるために生まれているとヴェーダの知識では伝えています。

純粋な思いとは、人それぞれ違いますが、例えばモーツァルトのような作曲家は音楽を通して人に感動を与えるという純粋な思いがあったと思います。

ですので、音楽的な才能が生まれたときから持っていた、聴覚が優れているという身体的特徴も持って生まれています。

モーツァルトが自分の純粋な思いである音楽の作曲をするのであれば、それを叶えるための才能を持って生まれているので、最小の努力で最大の結果を残すことが出来ます。

逆にモーツァルトが音楽を通して人に感動を与えるという純粋な思いがあるのに、オリンピック選手のようなマラソンで一位になりたい!という目標を持ったらどうでしょうか?

日々練習をしたり努力をしても、身体的な才能がないのでオリンピック選手になることは、難しいとしか言えないですよね。

元プロ野球選手の石井一久さんが、プロ野球選手になることで一番大切なことは何ですか?という記者の質問に才能と即答していましたが、スポーツ選手は身体的特徴で向いているスポーツが決まってしまうので、才能という純粋な思いが大切なことは間違いありません。

成功法則を科学的に検討

ヴェーダの知識を科学的に検討している方は、います。

ヴェーダの知識が脳の構造と一致していることが証明されていますが、脳の構造を理解しマスターすることは、当然成功法則にも繋がると言えます。

悟りを開いた方というのは、ヴェーダの知識をマスターして脳の構造を自由に扱えるものになったことになります。

つまり、自分の思ったことがそのまま現象になるなると言えます。

自分の思ったことが現実になること以上の成功法則はないと思います。

自分の思ったことが現実になることは、スピリチュアルでは引き寄せの法則と言われていますが、ヴェーダの知識では引き寄せではなくて、そもそも自分がこの世界の現実を創造していると伝えています。

このことを科学的に証明することは、量子力学をもって説明することが出来るのか不明ですが、いつしか科学的に説明することが出来る日が来ると思います。

なぜなら、ヴェーダの知識というのは単なる絵空事の抽象的な話ではなくて実際にあることの話なので、科学的に説明できることは当然なことではないでしょうか。

成功法則を求めるより、純粋な思いで生きよう

私も成功法則を求めて色々な本やセミナーを受講しましたが、成功法則が好きな方というのは仕事をして成功したいというよりも、単に本やセミナーの自己啓発が趣味のように好きなだけと感じます。

ビジネスで本当に成功している方は、本やセミナーよりも実際の仕事だけで忙しいと思います。

色々な成功法則を求めるよりも、ヴェーダの知識が伝える成功法則である純粋な思いを生きることは、とても自然なことで最小の努力で最大の結果を得られるものだと思います。

まずは、自分の純粋な思いは何かを知って、それを求めて行動して生きることが本当の成功法則です。

以上、成功法則は科学的によりも、ヴェーダの知識なら簡単の話でした。