心って何ですか?ヴェーダの知識が解明

心って何ですか?と疑問に思う方は、多いと思います。

子供の頃から大人になっても、どんな方でも1度や2度ぐらい考えると思います。

人に相談したり本を読んでも、心って何だかわからないまま過ごしている方が殆どです。

でも、古代インド哲学のヴェーダの知識では、心って何かを明確に詳細に伝えています。

ヴェーダの知識というのは、お釈迦様のような悟る方が学ぶ知識なのですが、実は悟るということは心って何かを完璧に理解することになります。

つまり、心って何かを知ることは人として最終的なゴールだと言うことが出来ます。

今回は、心って何ですか?ヴェーダの知識が解明の話をします。

心って何ですか?ヴェーダの知識が解明

心って何ですか?ということは、ヴェーダの知識で詳細に解説しています。

ヴェーダの知識のスートラという書物では195の2,3行の短文で心って何かを説明していますが、アマゾンでも購入できる書籍です。

日本語で書かれているので、表面的な意味は分かるのですが、実際に言葉の意味を完璧に理解することは大変です。

なぜなら、言葉の意味を本当に理解するには、知識だけではなくて体験というものが必要になるからです。

例えば、南極に行ったことがない方に知識で南極に行ったらどんな感じかを伝えることが出来ますが、最終的には実際に行かないと南極に行った感じを理解することは出来ません。

車でも車が運転できるようになるには、教習所で交通ルールの知識と車に乗って実車運転しますが、心って何ですか?を本当の意味で理解するには、ヴェーダの知識と瞑想での体験が必須と言われています。

でも、ヴェーダの知識の195個のスートラを完璧に理解したときには、心って何ですか?を完璧に理解できたことになり、悟ることが出来ると言われているので、とてもやりがいのあることだと思います。

心って何ですか?を検討

ヴェーダの知識では、どんな人でも最終的には心って何ですか?を理解するようになり、悟ると言われています。

もちろん、そのような状況になるまでには、何回も輪廻転生を繰り返すとも言われています。

心って何ですか?を理解して悟ることで輪廻転生は終わり、人として生まれてこないことは、とても興味深いことだと思います。

つまり、どんな人でも心って何ですか?という疑問を持つように生まれていて、この疑問を持つことは自然なことだと言えます。

心って何ですか?という疑問を持つことは、病んでいるから疑問を持つのではなくて、人として当然の疑問ということです。

そして、心って何ですか?を考えても簡単に分からないことも当然のことです。

なぜなら、人としての最終的に問題だからです。

でも、ヴェーダの知識を学び続けることで、心って何ですか?を必ず理解できることは間違いないことだと思います。

心って何ですか?を思うときは、チャンス!

心って何ですか?という疑問を持つことは、人として成長するチャンスだと言うことが出来ます。

人生でこのような疑問を持つことは、とても自然なことなのですが、健康で身体と心でないと心って何ですか?という疑問を持つことがない場合が多いです。

例えば、仕事でストレスがあって夜は飲酒して寝るような暮らしをしていれば、心って何ですか?という人として純粋な疑問を持つことが出来ない可能性が高いです。

つまり、心って何ですか?という疑問は、心が健康で純粋な気持ちのときでないと思うことが出来ないと言えます。

もし、あなたが心って何ですか?と純粋に思うのであれば、ヴェーダの知識を学んで心って何ですか?を探求することが良いと思います。

心って何ですか?を探求することは、宗教ではないと思う

心の話をしたりすると宗教と思う方が多いですが、私はヴェーダの知識を宗教と感じません。

ヴェーダの知識は、心について詳細に解説している書物です。

そして、お釈迦様も心って何ですか?という疑問からヴェーダの知識を学び悟ったと思いますが、つまりお釈迦様は心って何ですか?を完璧にマスターした人だと言えて、心の専門家と言えます。

どんな人でも、最終的には心って何ですか?という疑問を解決して、心の専門家になり人としての繰り返すことを終えるのです。

以上、心って何ですか?ヴェーダの知識が解明の話でした。