心の構造

心は心臓にある?ヴェーダの知識から考察

投稿日:

心は心臓にある?と思っている方は、いるでしょうか?

私も心は心臓にあると思っていますが、心だけではなくて脳神経にも心はあると感じています。

心はどこにあるのか色々な学問から考えることが出来ると思いますが、古代インド哲学ヴェーダの知識から考えてみることで、心は心臓にあるのか考える材料になると思います。

今回は、心は心臓にある?ヴェーダの知識から考察の話をします。

心は心臓にある?ヴェーダの知識から考察

ヴェーダの知識では「心臓にサンヤマをなすならば、心を知ることができる。」と伝えています。

サンヤマというのは、瞑想での行為についてですが、心臓の部分に瞑想をすることで心を知ることができると伝えているので、心は心臓にあると考えることが出来ます。

ただし、ヴェーダの知識では心は心臓にあるとも書いていません。

また、私は脳神経にも心があると思っていますが、そのこともヴェーダの知識では書いていません。

ヴェーダの知識は心について詳細に解説している知識ですが、心がどこにあるのかは記載していません。

心は心臓にある?を検討

心は心臓にあるかもしれないし、心は心臓にもないかもしれません。

確かなことは私には分かりません。

ただし、ヴェーダの知識から検討すると、私と思っている自我を含めて心というものです。

心というものが、私という自我を作り私が見て感じている現実と思っている世界を作り上げています。

つまり、心は心臓にある?というよりも、私と思っている身体の中以外の場所にある可能性の方が高いかもしれません。

ヴェーダの知識では、輪廻転生というものがあって、人は悟りを得るまでは何回も生まれ変わりをすると伝えています。

生まれ変わりをしても今までの癖が変わらず持って生まれてくるので、心というのは心臓ではなくて身体の外にある可能性の方が高いかもしれません。

心はどこにある?

ヴェーダの知識では、心にサンヤマをすることで心を知ることが出来ると伝えていますが、心が心臓にあるとも脳にも伝えていないので、心は心臓にも脳にもない可能性が高いと思います。

では、心はどこにあるのかは?は、ヴェーダの知識が伝える心にサンヤマすることで知ることが出来るのでないでしょうか。

サンヤマというのは、瞑想を続けている方でレベルが上がることでサンヤマというものが出来るものですが、心がどこにあるのかはサンヤマが出来る方のみが知っているものかもしれません。

そして、心にサンヤマをして心を知ることが出来た人が、心はどこにあるのか開示していないことは、何か理由があると感じます。

私の考えですが、心にサンヤマをして心を知ることが出来た人は、心はどのようなものを実際に知ることが出来たと思いますが、それを言葉で伝えることが出来ないので、心はどこにあるのか伝えていないと想像しています。

言葉では伝えることが出来ないものには、体験するしかありません。

ヴェーダの知識では、心について詳細に解説していますが、心について完璧に理解するには知識だけではなくて、体験して知ることも必要と伝えています。

ですので、心について本当に知りたい方は瞑想をすることが必須なのですが、心は心臓にあるのか本当に知りたい方は、瞑想をしてサンヤマというものが出来るようになる必要があると言えますね。

そして、心については、瞑想をして体験しないと分からないことが多くあります。

「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、心にサンヤマをしたら心を知ることが出来るので、心について本当のことを知ることが出来るようになるためにも、瞑想のサンヤマをマスターしたいものですね。

以上、心は心臓にある?ヴェーダの知識から考察の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-心の構造
-

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.