心の構造

心と脳の違いをヴェーダの知識なら分かる?

投稿日:

心と脳の違いを考えている方は、いるでしょうか?

心と脳の違いを考えるには、心理学や哲学などの書籍を読んで学ぶ方が多いと思いますが、最終的に心と脳の違いをハッキリ分からないという方が多いのではないでしょうか。

でも、古代インド哲学ヴェーダの知識は心について詳細に解説していますが、ヴェーダの知識なら心と脳の違いが分かるかもしれません。

今回は、心と脳の違いをヴェーダの知識なら分かる?話をします。

心 脳 違いイメージ画像

心と脳の違いをヴェーダの知識なら分かる?

心と脳の違いをヴェーダの知識から考えてみますが、ヴェーダの知識は心について詳細に解説していますが、脳についてはあまり説明されていないと感じます。

ただし、脳が重要でないという話ではありません。

脳という物理的な臓器は、心に大きな働きを与えていると考えることが出来ます。

脳の働きが弱ければ心も弱くなってしまうので、心と脳は関係が深いと思います。

心と脳の違いを考えるときに、まずは心というものを知らなければ脳との違いを知ることは出来ません。

脳というのは臓器で物理的にあるので見ることも出来ますが、心というのは見ることが出来ないものです。

ですので、脳のことについては科学的に調べることが出来ると思いますが、心については科学的に調べることが出来ないのではないでしょうか。

ヴェーダの知識では、心について知るには心臓の部分にサンヤマという瞑想をすることによって、心を知ることが出来ると伝えていますが、心と脳の違いを理解するには心を知ることから始まると思います。

心と脳の違いを検討

心と脳の違いについて説明しようと思いましたが、心について知らないと脳との違いを理解できないと思いました。

ですので、ヴェーダの知識でも脳については触れていないで、心について詳細に解説しているのではないでしょうか。

脳というのは、目で見えるし触れることが出来るものなので心よりも粗雑なものだと思います。

精妙な心というものを知ることが出来れば、心と脳の違いなど簡単に分かるものだと言えます。

脳科学という言葉がありますが、ヴェーダの知識を学ぶ私の感覚では、脳科学というのは実は心について探求している学問だと感じます。

心の探求というと心理学や宗教と感じてしまう場合が多く、脳科学というと科学的な印象があるのですが、心というものを科学という粗雑なものを表現するもので解明することは出来ないと感じます。

私が言う粗雑なものという意味は、言葉で表現できるものを粗雑なものと言っています。

ヴェーダの知識では、言葉で表現できない精妙な心を知るには瞑想をすることで知ることが出来ると伝えています。

ですので、心と脳の違いを知るためには、まずは瞑想を始めることが必要だと思います。

心が脳にあると思いがちですが・・・

心と脳の違いが気になる方は、心が脳にあると考えた方ではないでしょうか?

心は心臓にあるのか脳にあるのか?という議論がありますが、私はどちらにも心はないと考えています。

心というのは、我々の身体の外にあり更には宇宙の外にあるのでは?と思っています。

ただし、ヴェーダの知識では心を知りたいなら、心臓にサンヤマという瞑想をすれば知れるとあるので、本当のことは心臓にサンヤマをするしかありません。

私もまだサンヤマが出来ないので、心というものを知っていません。

もし、私が心について本当に知っていたら、心と脳の違いを明確に分かると思います。

それでも、私自身が心と脳の違いを明確に分かっても、他の方に心について説明することは不可能だと感じています。

なぜなら、心というものは言葉では表現できない精妙なものです。

心というものを理解しても、言葉では心というものを伝えることが出来ません。

心というものを本当に理解したら、心と脳の違いなんて全く別ものとハッキリ言えるのだけは確かだと思っています。

以上、心と脳の違いをヴェーダの知識なら分かる?話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-心の構造
-, ,

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.