就職活動

適職と天職の違いをヴェーダの知識から考える

投稿日:

適職と天職の違いが気になる方は、いるでしょうか。

適職と言うと自分に適している仕事で、天職というと適職以上に自分の幸せを感じる仕事と感じます。

でも、古代インド哲学ヴェーダの知識から適職と天職の違いを考察すると、別の側面が見えると思います。

今回は、適職と天職の違いをヴェーダの知識から考える話をします。

適職と天職の違いをヴェーダの知識から考える

適職と天職の違いをヴェーダの知識から考えると、適職というのは自分に適している仕事だと感じます。

ヴェーダの知識で自分に適している仕事というのは、ジョーティシュという占いにて鑑定することが出来ます。

例えば、私の場合だと文章で知性を伝える仕事をすることが向いているのですが、このような仕事に関連することが適職だと言えます。

そして、天職についてですが、天職というのは適職以上に自分に相応しい仕事だと感じます。

天職だと仕事と言うよりも、ライフワークに近いものかもしれません。

会社員だと休日というものがありますが、天職をしている方には休日というものは存在しない場合が多いと思います。

24時間日々天職のことを考えているので、天職の仕事をしている方が落ち着くという方が多いのではないでしょうか。

ヴェーダの知識から天職を検討

ヴェーダの知識から天職を検討すると、純粋な思いで行動する仕事が天職だと思います。

人というのは、純粋な思いがあるために現世に生まれてきているとヴェーダの知識では伝えています。

そして、純粋な思いで行動しているときに幸福の拡大につながるようです。

つまり、天職をしていると最も幸福な行動をしているので、仕事という感じがしないのは当然のことだと思います。

適職と天職の違いを検討

適職というのは自分に向いている仕事で、天職というのは純粋な思いで行動する仕事と伝えました。

就職活動する方の多くは、会社に入ることが前提なので天職というものを見つけることは難しいと思います。

でも、適職であれば見つけることが十分可能だと思います。

私が会社員の頃には総務で人事関係の仕事もしていましたが、初めは適職の部署でない仕事をしている方でも一生懸命に仕事をしていれば、自然と自分の適職の部署に変わる可能性が高いと感じます。

実は私も元々は営業の仕事の面接を受けていたのですが、面接途中で営業よりも総務の仕事が適職と判断されて就職することが出来ました。

適職というのは、天職ではないので最も幸福な仕事とは感じることは出来ませんでしたが、適職でない仕事をしていた自分とは比べ物にならないくらい楽に仕事をすることが出来ました。

これから就職活動する方は、自分の適職にあった仕事を求めることが良いのではないでしょうか。

自分の適職や天職を知る方法は?

古代インド哲学ヴェーダの知識のジョーティシュという占いを利用することで、自分の適職や天職を知ることが可能です。

適職は自分に向いている仕事ですが、天職というのは自分の純粋な思いから出るもので天命(ダルマ)と呼ばれるものに繋がります。

理想としては、純粋な思いである天職をすることが大切ですが、いきなり天職をすることには精神的に向上している必要があると感じます。

ですので、まずは適職の仕事をするようにして、それでも幸福感を感じないときに天職を求めるようにすることが良いと思います。

適職を一生懸命することで、自分の望むお金やマイホームや結婚など色々なものを手に入れることが出来ます。

でも、ある程度望むものが手に入れることが出来て、苦労やストレスがない状態になっても幸福感を得ることが出来ないことを感じる時が来ます。

そのときに、自分の本当の純粋な思いを叶える行動の天職を求めるようになるのです。

適職をしてから天職を求めるということは、自然な流れだと思います。

以上、適職と天職の違いをヴェーダの知識から考える話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-就職活動
-, ,

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.