メンタル弱い人は、営業の仕事だけは辞めた方が良いけれど、実は可能性がある

メンタル弱い人は、営業の仕事だけは辞めた方が良いと思います。

なぜなら、営業の仕事はメンタルが強い人でもストレスが多く大変になる場合が多いからです。

でも、メンタルが弱いと感じている人でも営業の仕事をすることで、自分のメンタルが弱いという弱点を克服することが出来て、今までの繰り返しの人生を変えることができる可能性があります。

今回は、メンタル弱い人は、営業の仕事だけは辞めた方が良いけれど、実は可能性がある話をします。

メンタル弱い人は、営業の仕事だけは辞めた方が良いけれど、実は可能性がある

メンタルが弱い人は、営業の仕事をしない場合が多いと感じます。

なぜなら、営業の仕事をしている方の多くがメンタルが強い人のように見えるからです。

でも、実は営業の仕事をしている方でも、本当はメンタルが弱い人だったのですが、営業の仕事をすることでメンタルが強くなった人も多くいます。

営業の仕事をすることでメンタルが強くなって、今までのメンタルが弱い人生を終えて、新たな人生を切り開けることが出来ると思います。

メンタル弱い人の仕事を検討

メンタルが弱い人の多くは、営業以外の事務や経理などの人と関わらない仕事を選択する場合が多いと思います。

でも、事務でも経理でも上司との人間関係があり、営業以外の仕事でもメンタルが弱い人だとストレスが多くなる可能性もあります。

私もメンタルが弱い人と感じていたので事務・経理・技術職・コールセンターなど営業以外の色々な仕事をしてきましたが、それでもメンタルが弱いので仕事でのストレスは大変大きかったです。

メンタルが弱いことは、会社員として仕事をする上で大きなデメリットになってしまいますね。

もちろん、営業の仕事に比べたらストレスが少ないとは思いますが、どんな仕事でもメンタルが弱いよりもメンタルが強い方が良いことは当然のことですよね。

メンタルが弱い人が強くなる方法は?

メンタルが弱い人は、メンタルが強い人よりも人生で色々な場面で損をする可能性があると感じます。

結婚や恋愛でもメンタルが強い方が良いですし、会社の出世や仕事でもメンタルが強い方が良いです。

でも、メンタルが弱い人がどうしたらメンタルを強くできるのか?

メンタルを強くするためには、事務や経理などの仕事をするよりも、一番ストレスが多く大変は営業の仕事をしてみることで、今までの自分の殻を破ることが出来る可能性があります。

私もメンタルが弱い人と自分で思っていたので、営業以外の仕事を色々としていましたが、自分を変えようと営業の仕事をしたことがあります。

営業の仕事をして今までの自分の性格を変えることが必要と痛烈に感じましたが、実際に仕事を通して自分を変えることは強力だと思います。

ただし、始めて営業の仕事をしたときには試用期間でクビになったのですが、その後も営業のような仕事をしたことで、今までの私のメンタルが弱い人と感じる気持ちは、少なくなりました。

メンタルが弱いなら、仕事で自分を変える

メンタルが弱い人は、営業以外の仕事をしてもメンタルが弱いことがデメリットになって仕事で大きなストレスを感じると思います。

それであれば、仕事でストレスがない自分に変えることを考えた方が良いかも知れません。

特に営業の仕事をするとメンタルを鍛えられるので、営業を仕事を継続することが出来ればメンタルが弱い自分を克服できる可能性は、他の仕事をするよりも可能性が高いと感じます。

メンタルが弱い人という自分を変えて、幸福の拡大をするために営業の仕事をすることは良いと思いますよ。

以上、メンタル弱い人は、営業の仕事だけは辞めた方が良いけれど、実は可能性がある話でした。