決めることが苦手では、人生を損している

決めることが苦手では、人生を損していると思います。

なぜなら、決めることさえすれば、あなたの人生はあなたの思う通りになるからです。

このことを疑う方は、今までの人生で決めることをしていないからだと思います。

自分は決めることをしていると思っていても、実は決めることをしていない方が殆どです。

決めることをすれば決めたとおりになるのは、原因と結果という世界の自然法則だからです。

このことから考えると、決めることが苦手とか思っていたら人生を損していることになります。

もし、決めること選択する人生にするのであれば、あなたの人生は幸福の拡大が可能です。

今回は、決めることが苦手では、人生を損している話をします。

決めることが苦手では、人生を損している

決めることが苦手と思っている方は、自分の人生は決めることで、自分の決めた通りになることを知った方が良いと思います。

自分の決めたことが実際に現実になるのであれば、あなたはどんな未来を創造し決めるでしょうか。

殆どの方は幸せでハッピーな人生を創造することを決めると思います。

マイナスなことなんて、決める方はいないですよね。

でも、現実には殆どの方が自分の人生で何も決めないで、マイナスなことばかり創造してしまい幸福でない人生を過ごしています。

なぜなら、決めることへの恐怖や自分に自信がないことで、決めることが苦手と感じる方が多いです。

本当は決めることで自分の願う通りの人生になるのに、決めることが苦手とか言っていたら人生を損していると思いませんか。

決めることが苦手を検討

決めることが苦手という方は、今までの生きてきた習慣の癖の影響が大きいと思います。

学生時代でクラスで何かを決めるときには、多数決で決めることや周りの反応を気にしながら自分の意見を決める習慣がありますね。

大人になって会社の会議でも、周りの反応を気にしながら自分の意見を述べているので、最終的には自分で決めることは何もしていないとも言えます。

実は、大人でも子供でも人生の中で自分で決めるという経験は、していない方が殆どだと思います。

学校の進学であれば、受験で受かった学校を選択して行くだけで、就職でも採用された企業に行くことを選択しているだけという方が殆どです。

結婚や離婚などの人生の大きな節目と言うものも、決めるというよりも流れでそうなった場合が多いのではないでしょうか。

つまり、今まで決めることの経験がないので、決めることが苦手と感じることは当然かもしれません。

でも、決めたことが現実になるのであれば、苦手とか言ってる場合ではないですね。

何を決めるかは、自分の人生だから自由

決めることで、人生は決めた通りになることを伝えましたが、料理店でも色々なメニューがあると迷ってしまい決めることが苦手と感じる方も多いですね。

料理でも全部を食べることが出来ないので色々と迷うものですが、人生でも全てを選択することができないので、悩むことは当然かもしれません。

例えば、両手で手に抱えているものがあれば、まずは今持っているものを手放さないと新しいものを手に入れることが出来ませんよね。

理想の仕事に転職するときにも、今までの仕事を退職する必要もありますし、手放さないで何か新しいものを得ることは出来ません。

何を捨てて、何を得るかというのは、自分で決めることです。

そして、何を得るかはあなたの価値観で自由に決めることが出来ます。

何を得るかはあなたの自由なので好きにしたら良いと思いますが、決めることで人生はあなたの決めた通りになるので、決めることをしないと人生を損していると思いませんか?

以上、決めることが苦手では、人生を損している話でした。