ストレス原因をチェックすることに興味がある方は多いと思います。

でも、古代インド哲学のヴェーダの教えでは、自分を分析しないという知識があります。

つまり、ストレス原因をチェックすることは自分を分析することになるので、ストレス原因はチェックしないことをオススメします。

今回は、ストレス原因をチェックしないことがオススメの話をします。

ストレス原因をチェックしないことをオススメ

ストレスがある方は、自分のストレス原因が何か気になるのでストレス原因をチェックする傾向があります。

心理テストで自分のストレス原因をチェックするものもありますが、自分を分析することで更にストレス原因を作ることになるので、ストレス原因をチェックすることは、やめた方が良いです。

ストレス原因をチェックする暇があるのなら、その時間でストレス原因を無くすために早寝をする方が遥かに価値があります。

なぜなら、ストレス原因を知っても何も価値がありません。

大切なことはストレス原因がない状態にすることですよね。

ストレス原因をチェックする気持ちとは?

ストレス原因をチェックする気持ちとして、ストレス原因を解消すれば、ストレスが無くなると考えるからです。

例えば、職場で嫌な上司がストレス原因と思っていたら、嫌な上司がいなくなれば良いと思います。

でも、実際に嫌な上司がいなくなっても、新たな上司が嫌いな上司になる可能性は十分にあります。

このことは、転職でも同様で職場を変えたら、ストレス原因が無くなる理由ではありません。

ですので、ストレス原因をチェックすることは何の意味もありません。

ストレスを感じないために

ストレス原因をチェックすることは、価値がないことを伝えましたが、ストレスがある方は、どうしたら良いでしょうか。

それは、ストレスを感じない自分の心と身体を作ることをすれば良いのです。

ストレスを感じためには、自分の心と身体が健康なことが必要です。

心と身体に緊張がなくリラックスした状態です。

その状態の心と身体を作るには、早寝の習慣を継続することで可能です。

早寝をすることで深い睡眠状態に入ることが出来て、身体に十分な休息を与えることが可能になります。

小学生低学年では、ストレスがある子供は少ないですが、小学生低学年の子供は早寝の習慣があります。

統計を取った訳ではありませんが、早寝の習慣の方と遅寝の習慣の方では、どちらの方がストレスが多いか想像出来ると思います。

早寝とは夜10時までに寝ることですが、朝は5時に起床して活動をすることで、自然の摂理に即した生活が出来ます。

心と身体がストレスを感じる状態というのは、自然の摂理から離れた状態とも言えます。

人は自然の一部なので、自然の摂理から離れることは、警告アラームとしてストレスを与えて、我々に注意をしてくれてるかもしれません。

ストレス原因をチェックしないと気楽

私もストレスが多い人生でしたが、心理分析テストを受けることが好きで、色々とストレス原因をチェックして来ました。

ストレス原因をチェックしても、ストレスが無くなる訳ではありません。

今思えば、ストレス原因をチェックするより、まずはストレスを感じない心と身体になるようにしろよと思います。

つまり、健康になるということですが、早寝早起きで健康になれるので、簡単だと思いませんか?

早寝早起きをするための習慣を作ることには、努力が必要ですが、寝たら何の努力も不要ですよね。

早寝早起きの習慣を半年以上続けたら、今までと違う人生になる可能性が高いです。

ストレスを解消して幸せな人生を過ごしたい方は、ストレス原因をチェックしないで、早寝早起きをしましょう。

以上、ストレス原因をチェックしないことをオススメの話でした。