コラム

あなたの癒し方法、間違ってますよ!

投稿日:

疲れたときの癒し方法として、甘いものを食べる!という方は多いのではないでしょうか。

でも、仕事帰りにコンビニでスイーツを購入して食べて癒しを感じるという方は、注意が必要です。

スイーツを食べる癒し方法は、月に一度ぐらいなら良いかもしれないですが、毎週など頻繁になり癖になったら大変です。

今回は、あなたの癒し方法、間違ってますよ!の話をします。

癒し 方法イメージ画像

あなたの癒し方法、間違ってますよ!

スイーツを食べる癒し方法は、女性の方では多いですね。

もちろん、男性の方でもスイーツやアイスを食べる癒し方法をしている方は多いです。

私も仕事で疲れてストレスが溜まっているときほど、甘いものを食べたくなる気持ちが強くなり、ケーキ屋さんで3個ぐらいケーキを購入して食べることがありました。

スイーツを食べる癒し方法は、癖になるので、甘い糖分を求めて次の日も次の日も繰り返すことが多かったです。

ケーキを毎日購入することは金銭的に大変なので、シュークリームやアイスなど比較的リーズナブルなスイーツを食べることが多かったです。

また、昼食後に甘い菓子パンや夕食後のデザートも食べることが癖になって、太ることは当然のことなのですが、このような習慣が作られてしまうと、負のスパイラルに入っていくことになりました。

スイーツを食べる癒し方法は、甘いものに依存するようになりますが、初めは甘いものを食べることで癒しを感じるのですが、段々と今までと同じ量を食べても癒しを感じることが減るので、日々食べる量が増えていきます。

癒し方法として、お酒を飲む方法の方も共通していますが、癒し方法として飲食を選ぶと量が増える傾向にあります。

スイーツを食べ続けることが、身体に良くないことは当然ですし、頭もあまり働くなるので仕事にも影響して、癒やすためにスイーツを食べていたのに、今度は逆にスイーツによって癒しを邪魔することになってしまいます。

癒し方法として『スイーツを食べる!』という方は、飲食以外の癒し方法を探した方が良いですね。

オススメの癒し方法を検討

癒し方法として、飲食以外のオススメしていますが、何かの物や人にも依存しない癒し方法が良いと言えます。

物に依存するとお金が掛かりますし、人に依存するのも相手の反応が変わると癒しにならなかったり、癒しを求めているときに自分一人で癒すことが出来ないのも困りますよね。

オススメの癒し方法として最も効果的なものを考えてみると、早寝をすることだと思います。

例えば、いつもは夜の12時や1時に寝る人が夜の10時に寝たら、翌朝は目覚ましを利用しないで自然に目が覚める場合が多いです。

そして、目が覚めたときにはスッキリとして心地よい目覚めを感じる可能性が高いです。

その感覚は、小学生の子供のときに学校が休日の日曜日に布団の中にいるような感覚とも言えます。

早寝をすることで、自然と早起きで目が覚めてしまいますが、布団の中で心地よい時間を過ごすことは、癒し方法として効果がとても高いものです。

また、早寝をする癒し方法は、無料で出来ますし副作用もないので毎日でもすることが可能です。

早寝早起きをすることで身体の健康にも繋がるので、癒し方法としてこれ以上良いものないと思います。

最近ではアメリカや日本の経営者のトップの方も、早寝早起きを実践している方も増えています。

大企業のトップの方が、会社に7時には出社して仕事をしている方をニュース番組で見たことがありますが、7時に会社に出社しているということは、朝は5時ぐらいには起床していますし、夜も早く寝ています。

私の癒し方法は、『スイーツを食べる!』という方は、身体の健康のことを考えるとあまり良くないので、早寝早起きなどの他の癒し方法を探した方が良いと思いますよ。

以上、あなたの癒し方法、間違ってますよ!の話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-コラム
-,

Copyright© チャットメンター:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.