心の構造

努力に勝る才能なしの意味を信じないように

投稿日:

努力に勝る才能なしの意味が気になる方は、いるでしょうか。

意味としては、努力をすることが一番の才能という意味になりますが、努力をすることが大切なことを伝えています。

でも、努力をすることが大切というのは、幸せになりたい方にとっては意味がないことです。

努力をすれば得たいものを得たり、なりたいものになれると思って、人々は努力をしていますが、逆に努力をすることでストレスを作ってしまい得たいものを遠ざける場合が殆どです。

子供のときから大人になっても努力をすることが大切と教えられてきましたが、それを信じて無意味な人生を過ごしたら悲しいことです。

今回は、努力に勝る才能なしの意味を信じないようにの話をします。

努力に勝る才能なしの意味を信じないように

努力に勝る才能なしの意味と似た言葉で、エジソンの言葉で天才とは1%のひらめきと99%の努力という言葉があります。

この言葉の意味として、天才でも努力をすることが必要と伝えていますが、実はエジソンが本当に伝えたいことは、1%のひらめきがないのに99%の努力をしても意味がないことを伝えたかったようです。

そしてこの意味は、1%の才能が無い方が99%努力しても意味がないとも言えます。

努力に勝る才能なしも同様なことで、1%のひらめきや才能がなく努力しても価値がないことが本当のことです。

努力をすることが美徳と感じるように教育を受けていますが、実はそれは幸福になるために意味がないことだと思います。

多くの人々が努力をして、何かを得ようとしたり何かになろうとしていますが、逆に努力をしないでストレスがない生活をするほうが、遥かに意味がある人生を過ごすことが出来ます。

努力をしないことは、一見自分の欲を捨てて生きることと勘違いされてしまいそうですが、努力をしないでストレスがない生活をすることで、実は人の抱く願望は叶えることが可能だと古代インド哲学ヴェーダの知識では伝えています。

なぜなら、身体と心にストレスがない状態になると、自分の脳が本来の能力を発揮することが可能になります。

努力に勝る才能なしの意味を検討

努力に勝る才能なしの意味を伝える方の多くは、学校の先生や職場の上司が多いと感じます。

そして、努力をしない人より努力をしている人の方が良い人というイメージがあります。

でも、本当に幸せに生きている人というのは、ストレスがない人生を生きています。

努力という言葉はなくて、好きなことをして人生を楽しんでいます。

逆に、努力をしている人は、幸せに生きているという感じより、常に努力をしていて頑張っている人生です。

幸せに生きているというよりも、努力をしてストレスを抱えながら生きている感じです。

努力に勝る才能なしと言われても、そんなことよりも幸せに生きている人になりたいと思いませんか?

人は、努力をする理由としては、最終的には幸せになりたいために努力をしています。

何かを得るために努力をしたり、何かになりたいために努力をします。

でも、努力をするということはストレスを作ってしまうので、逆に得たいものを遠ざける結果になってしまいます。

努力をしないで純粋な思いだけで生きるなら、ストレスがないために脳本来の性能が発揮されるので、得たいものを得ることが出来て、なりたいものにもなれるのなら、努力は不要だと思いませんか?

ですので、努力に勝る才能なしは意味がないと感じます。

努力をしてストレスがある人生を過ごすよりも、自分の純粋な思いだけで生きることを選択する人生にすれば、幸せに生きることが出来るようになると古代インド哲学ヴェーダの知識では伝えていると私は思いますよ。

以上、努力に勝る才能なしの意味を信じないようにの話でした。

無料レポートプレゼント

無料レポートプレゼント
生きていくのが辛くて苦しい方が、改善するための必須の内容が書かれています。
⇒こちらをクリックして詳細を確認

-心の構造
-,

Copyright© おしゃべりセラピー:人が自身の天命を生きることをサポートする , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.