大塚の傾聴として、心機一転サービスを開始しようとしています。

今回は、私が傾聴のサービスを開始する理由を話したいと思います。

大塚の傾聴を始めるまでの経緯

私は会社員を退職してから、自分は何が出来る?と考えました。

通常は、自分にスキルがあってから会社を退職して独立するものですよね。

でも、私は独立するスキルもないのに、会社員で働くことが苦しくて退職することを選択しました。

住宅メーカーに勤めていたので、会社で注文住宅を建てたばかりなのに。。

そして、総務の仕事をしていましたが、前職までの派遣社員として働いていた環境から考えると、夢のようひ働きやすく、やりがいを持てる仕事をしていました。

また、幸運なことに社長にも好かれていたので、今までの人生の中で一番の職場だと思っています。

それでも、会社員を辞めて退職することを選択したことには、こんなことがあったからです。

インド占星術ジョーティシュで会社を退職することを言われる

インド占星術ジョーティシュというのを知っていますか?

インド占星術ジョーティシュを知っているという方は、相当占いに詳しい方だと思います。

なぜなら、私もそれまで知らなかったからです。

私は住宅メーカーで総務の仕事する中で、社員研修の企画も担当していました。

毎年1回、全体研修として泊まり込みで研修をするのですが、前回はNLPの講師の方の研修でした。

その縁で私もNLPの講座に通って資格を取得することになりました。

そして、前回のNLPの研修から新たに研修の講師を探す中で、人材教育の先生に出会うことになりました。

実は、この人材教育の先生は表向きは中小企業向けの経営コンサルタントとして活動している方ですが、その裏ではインド占星術ジョーティシュをツールとして利用していることを、知ることになります。

インド占星術ジョーティシュという占いを活用して経営コンサルタントをするので、かなり評判が高いことは当然だと思ってしまいます。

そして、私が勤めていた会社の全体研修が終了した帰りに担当者の私と講師の先生でお疲れ様会をしているときに、私はこの会社にはいなくなることを言われました。

全体研修が成功して喜んでいたのに、私には驚きな気持ちと少し嬉しい気持ちにもなっていました。

なぜ、嬉しい気持ちかというと、NLPの資格を取得する勉強をするようになってから徐々に会社員として働く自分ではなくて、独立して仕事をしたい気持ちが芽生えていたからです。

一度、独立したい気持ちが芽生えると、些細なことでも社長の意見に反発する気持ちが出来てしまい、周りに迷惑を掛けることも自分で感じていました。

そして、全体研修が終了した3ヶ月後には、実際に会社を退職することを選択していました。

インド占星術ジョーティシュを学ぶ、きっかけ

会社を退職してから、なにで独立するか考えました。

住宅メーカーに勤めていて宅建の資格を取得していましたが、この分野で独立なんて無理と感じていました。

色々と考えてみると、インド占星術ジョーティシュという占いのツールを学ぶことで最強な武器を入手できるのでは?と思ってしまい、研修の講師だった先生にインド占星術ジョーティシュを勉強させて欲しいことを伝えました。

先生に電話でインド占星術ジョーティシュを学ぶことを伝えると、20名の参加者を集めることが出来れば講座を開始すると言われました。

その当時、アメリカで人気の自主映画が観客を集めることが出来れば、映画を上映するというものがあったのですが、私はそれを連想して面白いと思って、インド占星術ジョーティシュの講座を開催するために集客を始めました。

私は営業の経験はなかったのですが、住宅メーカーで総務の仕事をしているときには、ホームページ作成も兼任していたので集客は出来るかもという気持ちがありました。

と言っても、実際に初めて集客をしてみると全く出来ない日々でしたが、不思議なことに一人の申込みがあってからは、徐々に参加希望者が増えて講座開催定員を集めることが出来ました。

実は、後から分かる話なのですが、一番始めに申し込みをしてくれた方は、インド占星術ジョーティシュを学びたいので申込みをしたのではなくて、私を集客セミナーに勧誘するために申込みをした人でした。

でも、一人でも参加者が出来ると、自分への自信というかモチベーションがアップして、その後の集客作業に力を入れることが出来ました。

0を1にすることが一番大変と言われていますが、結局は気持ちの問題かもしれませんね。

インド占星術ジョーティシュ鑑定士になってみて

インド占星術ジョーティシュを学んで1年経過した後に徐々にですが、お金を頂いて鑑定をするようになりました。

でも、インド占星術占星術の鑑定というのは、大変頭を使い面倒な作業だと思ってしまいました。

最低でも3日以上掛けて、考えたり調べながらインド占星術の鑑定をしていましたが、商売として全く割に合わないと感じました。

また、実際に鑑定をして感じたことですが、多くの方がインド占星術ジョーティシュでの天命を知りたいという訳ではなくて、今ここにある悩みを解消したいという方が殆どでした。

例えば、現在の職場を退職して転職した方が良いのか、現状のままの方が良いのか?などです。

でも、コンサルの基本としては、本人の背中を押して上げることしか出来ないという部分があります。

つまり、本人の中にある答えを引き出してあげて、本人に気づかせて上げることが、インド占星術ジョーティシュで未来予測をすることよりも大切なことなのです。

本人の中にある答えを引き出して、本人に気づかせて上げることは、インド占星術ジョーティシュではなくて、傾聴という技術になります。

そこで、あなたの悩みを解決するツールとして、大塚の傾聴を利用して頂ければと思います。